genkai-shobo.jp
岩波新書

うつりゆく日本語をよむ

ことばが壊れる前に

著者:今野真二/著
価格:860円+税
刊行日:2021/12/20

出版社:岩波書店
ISBN:978-4-00-431907-8
Cコード:0281
[新書](日本語)

「壊れかけたことば」が増えているのはなぜか。日本語の「今」に私たちの危機を探り、未来を展望する。


調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

日本語に起こっていることを、じっくり観察してみよう。ことばはうつりゆくもの。昔と少し違っても、知らない単語が増えても大丈夫。しかし、安定したコミュニケーションを脅かす危機が、そこかしこにみられないだろうか。壊れかけた日本語と、それらが照らし出す私たちの「今」を探り、来たるべき未来へ向けた提言をする。

もくじ

はじめに

序章 日本語のみかた

第一章 壊れた日本語
一 比喩は成り立っているか
二 先まわりする表現——理を超えた情
三 解凍できない圧縮

第二章 「私」の時代の書きことば
一 思考の器としての言語
二 他者の不在——「共有」から考える
三 あるがままを認めてほしい——匿名の時代

第三章 ことばの変化をみる
一 「打ちことば」の領域拡大
二 「書きことば」の「話しことば」化
三 「場」の変化——「話しことば」の現在

第四章 「書きことば」の復権
一 双方向的(インタラクティヴ)なやりとり
二 公性の意識
三 リベラルアーツを学ぶ
四 「よむ」しかない

終章 「私」を超えて
一 コロナ下のことばをよむ
二 「私」を超えたコミュニケーションのために
三 日本語が「壊れる」前に

あとがき

今野 真二

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

Share

Twitter Facebook LINE Pocket