genkai-shobo.jp
角川文庫

悪いものが、来ませんように


著者:芦沢央/著
価格:600円+税
刊行日:2016/08

出版社:KADOKAWA
ISBN:978-4-04-104442-1
Cコード:0193
[文庫](日本文学、小説・物語)

助産院に勤めながら、不妊と夫の浮気に悩む紗英の唯一の拠り所奈津子も育児に悩み社会となじめずにいた。二人の異常な密着が恐ろしい事件を呼ぶ。もう一度読み返したくなる傑作心理サスペンス!


調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

助産院の事務に勤めながら、紗英は自身の不妊と夫の浮気に悩んでいた。誰にも相談できない彼女の唯一の心の拠り所は、子供の頃から最も近しい存在の奈津子だった。そして育児中の奈津子も母や夫と理解し合えず、社会にもなじめず紗英を心の支えにしていた。二人の強い異常なまでの密着が恐ろしい事件を呼ぶ。紗英の夫が他殺体で見つかったのだ。これをきっかけに二人の関係は大きく変わっていく! 一気読みが止まらない、そして驚愕のラスト! 「絶対もう一度読み返したくなる!」「震えるような読後感!」と絶賛された傑作心理サスペンス!(解説:藤田香織)

芦沢 央

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

1984年2月13日生まれ。2006年千葉大学文学部史学科卒業。出版社勤務を経て、2012年、『罪の余白』で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞しデビュー。著作に、『罪の余白』(角川文庫)、『今だけのあの子』(東京創元社)、『いつかの人質』(KADOKAWA)。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket