genkai-shobo.jp

青くて痛くて脆い


著者:住野よる/著
価格:1,400円+税
刊行日:2018/03

出版社:KADOKAWA
ISBN:978-4-04-105206-8
Cコード:0093
[単行本](日本文学、小説・物語)

僕たちは、あの頃なりたかった自分になれたのだろうか。 青春が終わる。傷つきながら。傷つけながら。



内容紹介

人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学1年の春、僕は秋好寿乃に出会った。
空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いていて、けれど誰よりも純粋だった彼女。秋好の理想と情熱に感化され、僕たちは二人で「モアイ」という秘密結社を結成した。
それから3年。あのとき将来の夢を語り合った秋好はもういない。僕の心には、彼女がついた嘘が棘のように刺さっていた。

「僕が、秋好が残した嘘を、本当に変える」
それは僕にとって、世間への叛逆を意味していた――。

青春の煌めきと残酷さを痛烈に描ききった、著者渾身の新境地!

住野 よる

高校時代より執筆活動を開始。デビュー作『君の膵臓をたべたい』がベストセラーとなり、2016年の本屋大賞第2位にランクイン。他の著書に『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』『か「」く「」し「」ご「」と「』。