genkai-shobo.jp
角川文庫

彩雲国物語 十一、青嵐にゆれる月草


著者:雪乃紗衣/著
価格:720円+税
刊行日:2020/09/24

出版社:KADOKAWA
ISBN:978-4-04-108744-2
Cコード:0193
[文庫](日本文学、小説・物語)

新米の監察御史として、天才で天敵の美青年・陸清雅と張り合う秀麗に、大きな仕事が舞い込んだ。それは、王・劉輝の妃候補として命を狙われている、藍家の十三姫の「身代わり」として、後宮に入ること──。



内容紹介

新たな職場・御史台で働き始めた紅秀麗。新米の監察御史として、天才で天敵の美青年・陸清雅と張り合う秀麗に、大きな仕事が舞い込んだ。それは、王・劉輝の妃候補として命を狙われている、藍家の十三姫の「身代わり」として、後宮に入ること。劉輝のお妃問題に、揺れる秀麗の乙女心、そして妹を後宮に入れる藍楸瑛の苦悩の行方は──。超人気中華風ファンタジー第11弾! アナザーエピソード「心の友へ藍を込めて」「夢は現に降りつもり」を収録。

雪乃 紗衣

茨城県生まれ。2002年10月「彩雲国綺譚」で第1回ビーンズ小説賞の読者賞・奨励賞をダブル受賞。03年11月、受賞作をもとに改稿執筆した『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』で作家デビュー。同シリーズは11年7月に本編が完結し、累計650万部を超える大ヒット作となる。他の著作に「レアリア」シリーズ、『エンド オブ スカイ』がある。