genkai-shobo.jp
角川文庫

地獄くらやみ花もなき 伍 雨の金魚、昏い隠れ鬼


著者:路生よる/著
価格:560円+税
刊行日:2020/09/24

出版社:KADOKAWA
ISBN:978-4-04-108758-9
Cコード:0193
[文庫](日本文学、小説・物語)

魔王の座を譲った皓は、変わらず青児を助手として地獄代行業を営む日々を送っていた。 そんなとき、ある旧家で連続不審死が発生する。依頼人は、北原白秋の童謡 「金魚」に見立てた殺人だと話すが……。



内容紹介

〈地獄代行業〉の西條皓は、次期魔王を巡る後継者争いに勝利するも、その座を返上し、変わらず青児を助手として日々を過ごしていた。そんな時、旧家で不審死が続き、皓へ依頼が持ちこまれる。当主は事故死、孫娘は自殺と思われたが、依頼人は北原白秋の童謡詩「金魚」に見立てた連続殺人だと話し――。歪な家族がひた隠す、十年前の少女の死の謎。そして三匹目の金魚として殺される者とは。美少年探偵の地獄堕とし事件簿、第5弾。

もくじ

第一怪 狂骨あるいは金魚の幽霊
幕間・一
第二怪 座敷童子
幕間・二
第三怪 夏の終わりあるいはエピローグ

路生 よる

愛知県生まれ。2017年「地獄くらやみ花も無き」で、第3回角川文庫キャラクター小説大賞〈読者賞〉を受賞。同年、「折紙堂の青目鬼 -折り紙あやかし事件帖-」で、第5回富士見ラノベ文芸大賞〈審査員特別賞〉を受賞。