genkai-shobo.jp
角川文庫

信長の原理 下


著者:垣根涼介/著
価格:740円+税
刊行日:2020/09/24

出版社:KADOKAWA
ISBN:978-4-04-109865-3
Cコード:0193
[文庫](日本文学、小説・物語)

羽柴秀吉、明智光秀、丹羽長秀、柴田勝家、滝川一益ら織田軍師団長たちの苛烈な出世争い。信長と彼らの焼けつくような思考の交錯が、再び”原理”を浮かび上がらせ、「本能寺の変」の真実へと集束する!



内容紹介

「信長を主人公にした戦国小説は無数にあるが、その中でも特異な輝きを放つ作品だ。」
――細谷正充氏(文芸評論家)

信長が天下統一へと邁進する中、織田家中では羽柴秀吉、明智光秀、丹羽長秀、柴田勝家、滝川一益ら師団長たちが苛烈な出世争いを続けていた。
が、“この世を支配する原理”によれば、5人のうちの1人は必ず働きが鈍り、おれを裏切る。いったい誰が? 
焼けつくような駆け引きは、やがて「本能寺の変」の真相へと集束する。
理想を追い求めた異端児の苦闘と内面をまったく新しい視点から抉り出し、人間の根源に肉薄した歴史小説の金字塔!

垣根 涼介

1966年長崎県生まれ。筑波大学卒業。2000年『午前三時のルースター』でサントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞。04年『ワイルド・ソウル』で、大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞の史上初となる3冠受賞。その後も05年『君たちに明日はない』で山本周五郎賞、16年『室町無頼』で「本屋が選ぶ時代小説大賞」を受賞。その他の著書に『ヒート アイランド』『ギャングスター・レッスン』『サウダージ』『クレイジーヘヴン』『ゆりかごで眠れ』『真夏の島に咲く花は』『光秀の定理』などがある。