genkai-shobo.jp
角川文庫

ミステリークロック


著者:貴志祐介/著
価格:660円+税
刊行日:2020/11/21

出版社:KADOKAWA
ISBN:978-4-04-109876-9
Cコード:0193
[文庫](日本文学、小説・物語)

人里離れた山荘での晩餐会の最中、超高級時計コレクターの女性作家が変死遂げた。居合わせた防犯探偵・榎本と弁護士・純子のコンビは事件の謎に迫るが......。(「ミステリークロック」)他1篇収録



内容紹介

人里離れた山荘での晩餐会。招待客たちが超高級時計を巡る奇妙なゲームに興じる最中、
山荘の主、女性作家の森怜子が書斎で変死を遂げた。それをきっかけに開幕したのは命を賭けた推理ゲーム! 
巻き込まれた防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)の榎本と弁護士の純子は、時間の壁に守られた完全密室の謎に挑むが......(「ミステリークロック」)。
表題作ほか計2編収録。『コロッサスの鉤爪』と2冊で贈る、防犯探偵・榎本シリーズ第4弾。

本書は、単行本『ミステリークロック』収録の4篇のうち、「ゆるやかな自殺」「ミステリークロック」の2篇を分冊して文庫化したものです。
他の「鏡の国の殺人」「コロッサスの鉤爪」は、同時に発売された『コロッサスの鉤爪』に収録されています。

貴志 祐介

1959年大阪生まれ。京都大学卒。96年『十三番目の人格-ISOLA-』でデビュー。翌年『黒い家』で日本ホラー小説大賞を受賞、ベストセラーとなる。05年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、08年『新世界より』で日本SF大賞、10年『悪の教典』で山田風太郎賞を受賞。