genkai-shobo.jp

医者が教えるあなたの健康が決まる小さな習慣 ヘルス・リテラシーを高め、自分自身の主治医になる


著者:牧田善二/著
価格:1,400円+税
刊行日:2021/06/23

出版社:KADOKAWA
ISBN:978-4-04-109947-6
Cコード:0077
[単行本](家事)

免疫力を高めるサラダ、血糖値を下げるスクワット、不調のときの自己診断法……健康と体調を保つためには。最新の医学研究に裏付けされた、働き盛りのひとにこそ始めてほしい、人生100年時代を生き抜く新習慣!



内容紹介

免疫力を高めるサラダ、血糖値を下げるスクワット、不調のときの自己診断法……健康と体調を保つためには。コロナ禍を通して、医学研究に裏付けされた小さな取り組みが私たちの健康を守るということがわかりました。それは感染症対策に限ったことではありません。働き盛りのひとにこそ始めてほしい、人生100年時代を生き抜く新習慣を紹介!

もくじ

第1章 知ることがあなたの行動を変える
「正しく知る」という最強の武器
これを機に思い込みを一掃しましょう
10の間違った思い込み
ネット情報にはとくに注意が必要
人生100年時代はなぜ訪れたか
長生き時代だからこそ重要なこと
免疫力があなたの人生の質を高める
気にすべき優先順位
盲点は腎臓
新しい時代の小さな習慣

第2章 いまから始める食事の習慣
食事の習慣こそ、小さく、小さく
習慣01 忙しくても食事の時間は削らない
習慣02 パワーサラダで免疫力を高める
習慣03 食物繊維で腸を整える
習慣04 肉と魚で回復力を高める
習慣05 健康効率の高い調理法を身につける
習慣06 水を1日2リットル飲む
習慣07 自宅の油はオリーブオイルに

第3章 病気を遠ざけ、体を大切にする食事の習慣
少しずつ病気を呼び込んでしまう習慣
習慣08 食べ物を「食べやすく」しすぎない
習慣09 食品添加物のない自然なものを食べる
習慣10 塩は1日5グラムまでに
習慣11 プロテインを飲んではいけない
習慣12 お酒に弱い人は飲まない
習慣13 毎朝体重計に乗る

第4章 1日のあいまにできる体を動かす習慣
データに裏付けられた効果的な行動
習慣14 たった3分間運動する
習慣15 食後の12秒スクワット
習慣16 寝る前の10分間ストレッチ
習慣17 歌って喉を鍛える
習慣18 今度こそ禁煙できる補助剤
習慣19 睡眠時間を削らない
習慣20 早期に気づける自分チェック
習慣21 明るく楽観的に暮らす
習慣22 ひとりで行動する時間を持つ

第5章 調子がよくないときの思考習慣
冷静にリスクとベネフィットを考える
習慣23 風邪を引いたら無理に食べない
習慣24 薬を上手に頼る
習慣25 市販薬を盲信しない
習慣26 50歳からの女性の習慣
習慣27 50歳からの男性の習慣
習慣28 上手に医者を使い分ける
習慣29 「病院ランキング」を鵜呑みにしない
習慣30 最後の堤防は検査の習慣
習慣31 病気になっても諦めない習慣

第6章 働き盛りはまず腎臓をいたわる
気づかなかった「腎臓」の重要性
隠れ死因に慢性腎臓病がある
すべての病気は「炎症」から
心臓と腎臓の密接な関係
慢性腎臓病はQOLもガタ落ちにする
早期に発見されない理由
治せる医師、治せない医師
腎臓病治療の最新現場
一番の主治医は自分
小さなひとつひとつのことをする

牧田 善二

AGE牧田クリニック院長。糖尿病専門医。医学博士。1979年、北海道大学医学部卒業。ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで、糖尿病合併症の原因として注目されているAGEの研究を約5年間行う。1996年より北海道大学医学部講師。2000年より久留米大学医学部教授。2003年より、糖尿病をはじめとする生活習慣病、肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開業し、延べ20万人以上の患者を診ている。