genkai-shobo.jp
角川ソフィア文庫

論語と算盤


著者:渋沢栄一/著
価格:760円+税
刊行日:2008/10

出版社:KADOKAWA
ISBN:978-4-04-409001-2
Cコード:0112
[文庫](倫理(学))

孔子の教えに従って、道徳に基づく商売をする――。日本実業界の父・渋沢栄一が、後進の企業家を育成するために経営哲学を語った談話集。金儲けと社会貢献の均衡を図る、品格ある経営人のためのバイブル。



内容紹介

■ 新一万円札の顔に決定!
■ 渋沢栄一の生涯を描く大河ドラマ「青天を衝け」 2021年放送決定!
■ マスコミ各詩誌で話題沸騰! 愛され続けるロングセラーの文庫版

 ・「中田敦彦のYouTube大学」で「中田敦彦史上No.1書籍!」として紹介されました。
   渋沢栄一「論語と算盤」~日本資本主義の父が語る成功哲学~[1]
   渋沢栄一「論語と算盤」~成功に必要なのは常識と習慣~[2]
   渋沢栄一「論語と算盤」~何を志し誰のためにどう生きるか?~[2]
 ・NHK総合 「サンデースポーツ2020」(2018年10月21日)で放映されました。
 ・TBSテレビ 「あさチャン!」(2018年10月26日)で紹介されました。
 ・毎日放送「サタデープラス」(2018年10月27日)で紹介されました。


目次

日本企業の先駆者の汲めど尽きせぬ知恵  加地伸行
凡例
格言五則

処世と信条
立志と学問
常識と習慣
仁義と富貴
理想と迷信
人格と修養
算盤と権利
実業と士道
教育と情誼
成敗と運命


格言五則
改題 加地伸行

渋沢 栄一

1840年、現在の深谷市生まれ。明治政府を辞した後、民間にあって第一国立銀行をはじめ指導的立場で500社前後の企業の創立・発展に貢献。また経済団体を組織し、商業学校を創設するなど実業界の社会的向上に尽力。さらに、社会公共事業の育成発達に努め国際親善に力を入れた。