genkai-shobo.jp
メディアワークス文庫

おとなりの晴明さん 第七集 ~陰陽師は水の神と歌う~


著者:仲町六絵/著
価格:630円+税
刊行日:2020/08/25

出版社:KADOKAWA
ISBN:978-4-04-913387-5
Cコード:0193
[文庫](日本文学、小説・物語)

白い夏椿が眩しい初夏。陰陽師・晴明さんに貴船神社の水神から下された使命は、龍を育て、乱れた京の水脈を正すこと――博多から訪れた菅原道真公も交え解決を目指す中、桃花の晴明さんへの思いは変化していき……。



内容紹介

夏椿が咲き、川に蛍が遊ぶ京都の初夏。地下水脈の乱れを直すため、陰陽師・晴明さんは貴船の水神から課された試練を背負うことに。
 桃花の心配をよそに、晴明さんは試練を楽しんでいる様子。九州から来た菅原道真公、伏見の稲荷神、そして晴明さんの身に宿った水神の分身・雫龍……神様やあやかしたちと関わるうちに、桃花は自分の気持ちに気づいて――。
 平安の京から現代京都へ、悠久の歴史が織りなす優しいあやかしファンタジー。

仲町 六絵

第17回電撃小説大2010年に『典医の女房』で、短編ながら第17回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉を受賞。受賞作を大幅加筆した『霧こそ闇の』でデビュー。既刊は『からくさ図書館来客簿』シリーズ他。