genkai-shobo.jp
メディアワークス文庫

Missing5 目隠しの物語


著者:甲田学人/著
価格:670円+税
刊行日:2021/02/25

出版社:KADOKAWA
ISBN:978-4-04-913638-8
Cコード:0193
[文庫](日本文学、小説・物語)

聖創学院大付属高校で一人の少女が自殺した。彼女は死ぬ前日、“そうじさま”と呼ばれる“儀式”を行っていた。その“儀式”に誘われて参加していた近藤武巳の周囲にも異変が起こり始め――。



内容紹介

 聖創学院大付属高校で一人の少女が自殺した。
 その少女の名は雪村月子。
 彼女は死ぬ前日、“そうじさま”と呼ばれる儀式を行っていた。
 こっくりさんと同じやり方で行われるその儀式は、学校に棲んでいるという小さな男の子の霊を呼び出すもの。
 それに参加していた武巳の周囲にも異変が起こり始める。
 凄惨な怪奇と共に顕れた霊は神隠しにあった空目恭一の弟・想二に酷似していて――。
 鬼才、甲田学人が放つ伝奇ホラーの超傑作、第5弾。新装版限定書き下ろし掌編付き。

甲田 学人

1977年、岡山生まれ。津山三十人殺しの舞台となった津山市出身。二松学舎大学卒。民俗学および魔術に関して知識を豊富に持ち、『Missing 神隠しの物語』で電撃文庫デビュー。著書に『断章のグリム』『時槻風乃と黒い童話の夜』『夜魔』『ノロワレ』『霊感少女は箱の中』シリーズなど。