genkai-shobo.jp
KCデラックス

つげ義春大全 第七巻 墓をほる影 妖刀村正


著者:つげ義春/著
価格:3,200円+税
刊行日:2020/09/25

出版社:講談社
ISBN:978-4-06-516416-7
Cコード:9979
[コミック](コミックス・劇画)

貸本劇画時代の短編を収録。少年誌に掲載ながら劇画の影響の濃い、『墓をほる影』他、傑作「武蔵秘話シリーズ」を一挙掲載!



内容紹介

〈収録作品〉
『どくろの秘密』『賭』『親分』『墓をほる影』『砂漠』他、
武蔵秘話シリーズ1『指斬り剣士』、武蔵秘話シリーズ2『その後の武蔵』、
武蔵秘話シリーズ3『妖刀村正』、武蔵秘話シリーズ4『盲刃』、
武蔵秘話シリーズ5『一番首』、武蔵秘話シリーズ6『船島余話』等、
11篇を収録。

つげ 義春

1937年(昭和12年)、東京都葛飾区に生まれる。 1954年(昭和29年)、17歳の時に漫画家デビュー。 以後、翌年の「白面夜叉」(単行本)を皮切りに、 少年少女向けの漫画雑誌や貸本屋向けの単行本で 活躍し、多数の作品を残す。 1965年(昭和40年)から、漫画雑誌「ガロ」に『沼』 『チーコ』『紅い花』『ねじ式』などの珠玉短編を発表、 評論家や漫画ファンの注目を集める。 その独自の幻想性と抒情味あふれる世界は、今や 国内外で幅広いファンを獲得し、衰えない人気の高さを 見せている。2020年アングレーム国際漫画祭にて 「特別栄誉賞」を受賞。