genkai-shobo.jp
アフタヌーンKC

地獄堂霊界通信(12)


著者:みもり/著 香月日輪/原著
価格:660円+税
刊行日:2020/09/07

出版社:講談社
ISBN:978-4-06-520120-6
Cコード:9979
[コミック](コミックス・劇画)

拝(おがみ)を狙う黒幕は因縁のアイツだった──! 大スペクタクル「最後の戦い」編クライマックス!! 第一部完結巻!



内容紹介

てつし、リョーチン、椎名……。中学生も恐れをなすワルガキ三人組、人呼んで「イタズラ大王三人悪」。三人が薬屋“地獄堂”ののれんをくぐったとき、異界への扉が開かれた! 謎のおやじに“力”をもらった三人悪は、上院町の怪異に次々と遭遇。事件を通して、この世の様々な不思議や人の想いの複雑さを受け入れ、一歩一歩、成長してゆく――。

神降ろしの「器」となる拝(おがみ)を狙った西ノ院一派。その背後にいたのは、三人悪にとって因縁深い最凶のアイツだった──! この世界を守るため、子供たちは命を懸けて巨大な敵に立ち向かう……。大スペクタクル「最後の戦い」編は、想像を超えるクライマックスを迎える──! 大好評ファンタジック・ホラー、ファーストシーズン完結巻!!

みもり

【みもり】 5月31日生まれ。漫画家。2004年「99+1」でスクウェア・エニックスマンガ大賞受賞。代表作は『地獄堂霊界通信』(原作:香月日輪)『ひぐらしのなく頃に 宵越し編』(原作:竜騎士07)『アオハルッ!』『お陽様の下のルナ』『織田さん家の乱法師』『押入れの少年』(原作:高橋葉介)『しゃばけ』(原作:畠中恵)など。

香月 日輪

和歌山県生まれ。『ワルガキ、幽霊にびびる!』で作家デビュー。『妖怪アパートの幽雅な日常1』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。ほかの作品に、『大江戸妖怪かわら版』シリーズ(講談社文庫)、『地獄堂霊界通信』シリーズ(講談社ノベルス)、『ファンム・アレース』シリーズ(YA!ENTERTAINMENT)、『下町不思議町物語』(新潮文庫)、『僕とおじいちゃんと魔法の塔』シリーズ(角川文庫)などがある。 漫画化された『妖怪アパートの幽雅な日常』『大江戸妖怪かわら版』(講談社シリウスKC)、『地獄堂霊界通信』(good!アフタヌーンで連載中)も大人気作品となっている。2014年12月19日永眠。