genkai-shobo.jp
講談社選書メチエ

西洋音楽の正体 調と和声の不思議を探る


著者:伊藤友計/著
価格:1,750円+税
刊行日:2021/02/12

出版社:講談社
ISBN:978-4-06-522738-1
Cコード:0373
[全集・双書](音楽・舞踊)

「西洋音楽」とは何か。どのように形成されてきたのか。音階や半音の発見、和音原理・調性の探究から感情表現へ、理論の由来を探る。



内容紹介

「西洋音楽」とは何か。それはどのように形成されてきたのか。
古代ギリシア人によって気づかれた、音の高低と数学の関係、音の並び。それは音楽として中世から近代へと西洋で練り上げられていった。
音階や半音の発見、音を重ねることへの傾きと和音原理の探究、長調・短調の整序と規則の整理、また、人間的感情の美的表現から心地よさの追求へ。
西洋音楽は、一つの「世界創造」であった。本書では、その楽理の由来、実践の発展を訪ね、自然と音楽の関係、背景にある思想の展開に焦点を当てる。
西洋音楽とは普遍性を持つものなのか。自然のなかにドレミファソラシドはあるのか。

【目次】
第1部 音楽のかたちについて
第1章 モンテヴェルディ、1600年前後の音楽
第2章 西洋音楽はどのように流れるのか?
第3章 西洋音楽における半音と三全音――予定調和のための塩と悪魔

第2部 調・調性・和声について
第4章 調と調性
第5章 調性とは何なのか
第6章 和声の成立
終 章 音楽と自然

もくじ

第1部 音楽のかたちについて
第1章 モンテヴェルディ、1600年前後の音楽
第2章 西洋音楽はどのように流れるのか?
第3章 西洋音楽における半音と三全音――予定調和のための塩と悪魔
第2部 調・調性・和声について
第4章 調と調性
第5章 調整とは何なのか
第6章 和声の成立
第7章 音楽と自然

伊藤 友計

1973年生まれ。東京外国語大学卒業後、東京藝術大学卒業。 文学博士(東京大学)、音楽学博士(東京藝術大学)。専攻は音楽学。 著書に『西洋音楽理論にみるラモーの軌跡――数・科学・音楽をめぐる栄光と挫折』(音楽之友社)、訳書に『自然の諸原理に還元された和声論』(ラモー著、音楽之友社)、「音楽のオクターヴの規則による伴奏と作曲に関する論考」(カンピヨン著、『音楽を通して世界を考える』所収、東京藝術大学出版会)など。 現在、東京藝術大学、明治大学非常勤講師。