genkai-shobo.jp
講談社コミックス月刊マガジン

DEAR BOYS ACT4(8)


著者:八神ひろき/著
価格:480円+税
刊行日:2021/07/16

出版社:講談社
ISBN:978-4-06-524134-9
Cコード:9979
[コミック](コミックス・劇画)

インハイ神奈川県予選大会、4校による『決勝リーグ』第2戦は、互いに1勝をあげた湘南大相模と瑞穂が激突! 因縁の対決が再び!!



内容紹介

 神奈川県ナンバーワンとの呼び声が高い名門・湘南大相模高校バスケ部。インターハイ神奈川県予選・決勝リーグを勝ち進むも、本戦3回戦で宿敵・瑞穂高校に敗れてしまう。
 時は流れ、キャプテンを引き継いだエース・布施歩。新入部員と共に全国へ動き出す中、PGの3年・柳本が怪我で離脱してしまう。空白のPGはレギュラー争いの結果、2年・青山と1年・柏木の“2人体制”に決定。さらに1年・森もメンバーに選ばれるのだった。
 そして、迎えたインターハイ神奈川県予選大会。第2シード・湘南大相模は初戦(3回戦)、4回戦を順当に勝ち、決勝リーグ進出を果たす。4校によるリーグ戦が始まる中、湘南大相模の初戦は第4シード・本牧東を破った真崎中央に決まる。
 序盤、真崎中央の猛攻に苦しむ湘南大相模だったが、布施が三枝とのエース対決を制し、第4Qで一気に流れを引きよせる。試合は76対55で湘南大相模が勝利するのだった。一方“哀川和彦の再来”と呼ばれる京凌駕を擁する瑞穂は、横浜学園に137対72と圧倒的な点差で勝利を飾る。1週間後の瑞穂戦に勝利すべく特訓を始めた森と柏木。そんな中、学生寮では“謎の人物”が現れて‥‥!?

八神 ひろき

1967年生まれ。新潟県出身。1987年「月刊少年マガジン」にて『2人におまかせ』でデビュー。 1989年より同誌にて『DEAR BOYS』を連載開始。1996年から2004年まで『G-taste』を連載(ミスターマガジン~ヤングマガジンUppers)。 『DEAR BOYS』は、番外編『DEAR BOYS THE EARLY DAYS』を挟み、1997年より『DEAR BOYS ACTII』、2009年より『DEAR BOYS ACT3』、2016年より『DEAR BOYS OVER TIME』を2017年2月号まで連載。 6月号から2018年8月号まで『トキワボウルの女神さま』を連載後、11月号より『ACT4』を現在、連載中。 『DEAR BOYS』はシリーズ累計売上が4,500万部を超え、2007年には『DEAR BOYS ACTII』で、第31回『講談社漫画賞』少年部門を受賞。