genkai-shobo.jp

現代生活独習ノート


著者:津村記久子/著
価格:1,650円+税
刊行日:2021/11/19

出版社:講談社
ISBN:978-4-06-526037-1
Cコード:0093
[単行本](日本文学、小説・物語)

なぜだろう、私はインスタに映えない粗食メニューばかり上げてしまう。短編の名手がおくる、私たちの‘今’が詰まった8つの物語。


調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

偶然録画していた興味のない番組
冷蔵庫内の陣地争い 貧弱な食事ばかりのSNS画面 資料室の籠城騒動

キラキラはしていなくても、
冴えない日常は、案外愛しく、悪くない。

短編の名手がおくる 私たちの‘今’が詰まった8つの物語

怒り、あきらめ、情けないこと、ときどきは幸せなこと
“通り過ぎていくものたちのどれかは、手になじんで輝いてくれるだろう”

収録作
「レコーダー定置網漁」
「台所の停戦」
「現代生活手帖」
「牢名主」
「粗食インスタグラム」
「フェリシティの面接」
「メダカと猫と密室」
「イン・ザ・シティ」






津村 記久子

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

1978年、大阪市生まれ。2005年「マンイーター」(のちに『君は永遠にそいつらより若い』に改題)で太宰治賞を受賞してデビュー。2008年『ミュージック・ブレス・ユー!!』で野間文芸新人賞、2009年「ポトスライムの舟」で芥川賞、2011年『ワーカーズ・ダイジェスト』で織田作之助賞、2013年「給水塔と亀」で川端康成文学賞、2016年『この世にたやすい仕事はない』で芸術選奨新人賞、2017年『浮遊霊ブラジル』で紫式部文学賞、2019年『ディス・イズ・ザ・デイ』でサッカー本大賞、2020年「給水塔と亀(The Water Tower and the Turtle)」(ポリー・バートン訳)でPEN/ロバート・J・ダウ新人作家短編小説賞を受賞。他に『とにかくうちに帰ります』『エヴリシング・フロウズ』『つまらない住宅地のすべての家』などの著書がある。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket