genkai-shobo.jp

その日まで


著者:瀬戸内寂聴/著
価格:1,300円+税
刊行日:2022/01/13

出版社:講談社
ISBN:978-4-06-526656-4
Cコード:0095
[単行本](日本文学、評論、随筆、その他)

寂聴99歳、最期の日々。「充分、いや、十二分に私はこの世を生き通してきた」。『死に支度』『いのち』に続く最後の長篇エッセイ


調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

99歳、最期の長篇エッセイ。
切に愛し、いのちを燃やし、ペン一筋に生き抜いた。70余年にわたる作家人生の終着点。

「結局、人は、人を愛するために、愛されるために、この世に送りだされたのだ。
充分、いや、十二分に私はこの世を生き通してきた。」

三島由紀夫、萩原健一、石牟礼道子ほか、人生でめぐり逢った忘れえぬ人々、愛した男たち、そして家族の記憶。99歳まで現役作家としてペンをふるった著者が、自らの老いに向きあい、「その日」をみつめて綴りつづけた、最後の自伝的長篇エッセイ。

・本書よりーー
私は自分の「その日」を、どのような形で迎えるのであろうか。
九十九歳とは何と長い、そして何と短い時間であっただろう。
百歳近く生きつづけて、最も大切なことは、自分の生きざまの終りを見とどけることだけであった。

戦争も、引揚げも、おおよその昔、一通りの苦労は人並にしてきたが、そんな苦労は、九十九年生きた果には、たいしたこととも思えない。
生きた喜びというものもまた、身に残された資産や、受けた栄誉ではなく、心の奥深くにひとりで感得してきた、ほのかな愛の記憶だけかもしれない。
結局、人は、人を愛するために、愛されるために、この世に送り出されたのだと最期に信じる。
充分、いや、十二分に私はこの世を生き通してきた。

瀬戸内 寂聴

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

1922年、徳島県生まれ。東京女子大学卒。’57年「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞、’61年『田村俊子』で田村俊子賞、’63年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。’73年に平泉・中尊寺で得度、法名・寂聴となる(旧名・晴美)。’92年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、’96年『白道』で芸術選奨文部大臣賞、2001年『場所』で野間文芸賞、’11年『風景』で泉鏡花文学賞、’18年、句集『ひとり』で星野立子賞を受賞。’98年『源氏物語』現代語訳を完訳。’06年、文化勲章受章。他の著書に『死に支度』『いのち』『寂聴 残された日々』など多数。2021年11月9日逝去。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket