genkai-shobo.jp

ほどなく、お別れです それぞれの灯火


著者:長月天音/著
価格:1,400円+税
刊行日:2020/02 [ calendar_today Google ] [ calendar_today Yahoo! ]
出版社:小学館
ISBN:978-4-09-386566-1
Cコード:0093
[単行本](日本文学、小説・物語)

清水美空は、スカイツリー近くの葬儀場「坂東会館」に務めている。ある夜、美空はスカイツリーに入っている店舗で高校時代の友人・夏海と再会する。夏海の兄は六年前、台風の中を海に出て行方不明となっていた--。



内容紹介

ロングセラー『ほどなく、お別れです』続編

清水美空は、スカイツリー付近の葬儀場「坂東会館」に勤めて1年目の新社会人。生まれる前に姉を事故で亡くしているが、その姉に見守られるように生きてきた美空は、他人の感情が伝わってきたり、思念を感じ取ったりと、“気”に敏感な体質をしている。
そんな美空の上司・漆原が担当するのは、故人が事故や自殺で亡くなってしまった、いわゆる訳ありの葬儀。ご遺族の悲しみも深く、いかに寄り添った葬儀ができるかが重要となるが、漆原に厳しく、時に優しく指導されながら、邁進する日々を送る。
雪も解けない寒い日が続いていたあるとき、美空は仕事帰りに立ち寄った商業ビルの中で、高校時代の友人・夏海と偶然再会する。久しぶりの再会を喜ぶ2人だが、美空が葬儀場で働いているのを聞いた夏海は、急に思いつめた表情で「遺体がなくても、お葬式ってできるの?」と問う。彼女の兄は6年ほど前、海難事故で行方不明になっていた――。


【編集担当からのおすすめ情報】
デビュー作にしてロングセラー『ほどなく、お別れです』から1年。
そして、著者が最愛の夫を亡くしてから4年が経ちました。
深い悲しみの底から立ち上がり、前を向くことを決意した著者が紡ぐ、
別れとの向き合い方、ぜひご一読ください。

長月 天音

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

Share

Twitter Facebook LINE Pocket