genkai-shobo.jp

70歳のたしなみ


著者:坂東眞理子/著
価格:1,100円+税
刊行日:2019/04

出版社:小学館
ISBN:978-4-09-388691-8
Cコード:0095
[単行本](日本文学、評論、随筆、その他)

人生100年時代において、70代は人生の新しい黄金時代である。これまでの年齢観にとらわれ「もう」「今さら」「どうせ」と自分を貶めるのをやめて、ポジティブに人生を生きるための具体的なヒントを提示する。



内容紹介

人生100年時代を生きる後半生の教科書!

70代というのは新しいゴールデンエイジ――人生の黄金時代である。最も人生で幸福なのはいつ頃か――と問われたら、現代では70代ではないだろうか。「もう」70歳だから「今さら」何をしても遅すぎる、「どうせ」成果は上がらないと自分をおとしめるのはやめよう。

330万部の大ベストセラー『女性の品格』から13年、昭和女子大学理事長・坂東眞理子さんが人生100年時代に放つ「後半生の生き方論」の決定版!

かつては「60歳」が人生の大きな節目とされたが、今やそれは70歳ではないだろうか。寿命が伸び、「人生100年時代」が現実となった今、70代を昔のように「晩年」として生きるのはあまりにもったいない。

「昔は良かった」「今どきの若者は」と不満や愚痴ばかり言ったり、昔の名刺を持ち歩いたり肩書きを自慢する「終わった人」にならず、人生を楽しむための具体的な「たしなみ」をアドバイスする。

定年後を生きる60代、そして団塊世代の70代の人はもちろん、これから長い後半生を生きる中高年の人って、ややもすれば後ろ向きになる気持ちを鼓舞し、ポジティブに人生を楽しむ「たしなみの教科書」が誕生!

【編集担当からのおすすめ情報】
人生100年時代をどう生きるか。私たちは今、誰も体験したことがない時代に突入しつつあります。そうした中、残念ながら世の中には「老後にいくら必要」といった経済面から私たちの不安を煽るような情報ばかりが先行しているように感じます。
坂東先生は現在72歳。不安に苛まれたり、あるいは「晩年」意識でのんびり生きている同世代、そして年若い下の世代に向けて、これからの人生において杖になるような本、人生の背骨になるような本となるはずです。この本をいつも座右において、人生をめいっぱい楽しみ、ポジティブに生きて行く人が増えることを祈念しています。