genkai-shobo.jp

ママがもうこの世界にいなくても

私の命の日記

著者:遠藤和/著
価格:1,500円+税
刊行日:2021/12/01

出版社:小学館
ISBN:978-4-09-388832-5
Cコード:0095
[単行本](日本文学、評論、随筆、その他)

21才でステージ4の大腸がんと宣告。それでも22才で結婚、「どうしても子供がほしい」と抗がん剤を止め、23才で出産。21年9月に24才で亡くなった遠藤和(のどか)さんの、生と死を見つめた日記。


調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

1才の娘と、夫に遺した「愛」の記録 <もう、3年のうち2年半が経過した。余命は統計。私は大丈夫。>(本文の日記より)遠藤和(のどか)さんがステージ4の大腸がんを宣告されたのは、21才のときだった。当時交際中だった将一さんには「私、がんだった」と告げた。将一さんは「絶対、別れない」と応じた。22才で結婚式を挙げた。その様子は、『笑ってコラえて』(日本テレビ系)の「結婚式の旅」というコーナーで放送され、大きな反響を呼んだ。子供がどうしても欲しかった。抗がん剤を止めなければいけない。それでも「絶対後悔する。死んでも死にきれないよ」と将一さんを説得した。<はじめて胎動を感じた。私、ママだよ。2~3か月後には、もう会えるね>23才で長女を出産した。21年5月、病院で余命は数週間と宣告された。家に帰った。「それでも人生でいまが一番しあわせ」と家族3人と猫1匹の、愛しき日々を送った。21年9月、24才の若さで亡くなった。和さんが亡くなる10日前まで、生と死を見つめて書き続けた日記。それは、1才の娘と、夫に遺した「愛」の記録。

遠藤 和

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

Share

Twitter Facebook LINE Pocket