genkai-shobo.jp

勘定侍 柳生真剣勝負〈二〉 始動


著者:上田秀人/著
価格:650円+税
刊行日:2020/08/05

出版社:小学館
ISBN:978-4-09-406797-2
Cコード:0193
[文庫](日本文学、小説・物語)

算術は剣術より強し、武士の世が終わる! 柳生新陰流の剣豪・柳生宗矩の隠し子にして、大坂一の唐物問屋の孫・淡海屋一夜が、江戸幕府の度肝を抜く奇策を仕込む! シリーズ累計13万部突破! 新境地の時代小説!



内容紹介

柳生宗矩の隠し子は大坂一の商人の孫!?

晴れて大名となった柳生家。が、同時に惣目付を解任、監察される側となり、早くも危機が迫りつつあった。
惣目付の秋山修理亮正重は甲賀百人衆の忍びを遣い、柳生藩を潰さんと、隙を探りはじめたのだ。
一方、柳生家当主の宗矩は苦肉の策で、大坂一と言われる唐物問屋淡海屋七右衛門の孫である一夜を召し出す。
将軍家剣術指南役といった役目柄もあり、剣で鳴らす柳生家は算盤に弱いため、今や商人として活躍している、己の隠し子・一夜に勘定方を任せようという腹積もりらしい。
突然の召し出しに渋々応じた一夜だったが、柳生の庄で嫌々十兵衛と友矩に稽古をつけられながらも石高を検分、殖産興業の算盤を弾く。さらに、江戸へ向かう旅の途中では、立ち寄った京で商談するなど、まったく卒がない。
しかし、江戸の手前の川崎で胡乱な牢人たちに絡まれた一夜は、懐の金はおろか、命まで狙われてしまう……。
会津藩加藤家国替えの陰役を徳川三代将軍・家光から仰せつけられた宗矩。一夜の嫁の座を狙う、信濃屋の三人小町。騙し合う甲賀と伊賀の忍者たち。それぞれの思惑が交錯する、波乱万丈の痛快時代小説、シリーズ第二弾!


【編集担当からのおすすめ情報】
おかげさまで、シリーズ第一弾『召喚』は、発売即大重版となりました!
超人気の歴史時代作家の最新シリーズは、既刊本の読者も必ず大満足いただける、歯ごたえの確かな名作です!!

もくじ

第一章 商いのいろは

第二章 真剣の重み

第三章 父と子

第四章 禄と女

第五章 天守再建