genkai-shobo.jp

色にや恋ひむ ひひらぎ草紙


著者:深山くのえ/著 アオジマイコ/イラスト
価格:600円+税
刊行日:2020/09/08

出版社:小学館
ISBN:978-4-09-406815-3
Cコード:0193
[文庫](日本文学、小説・物語)

妹に婚約者を奪われた淑子は、家を出て後宮で働きはじめる。「棘のある『柊の典侍』」と陰口を叩かれながらも真面目に働いていたある日、東宮の嫡子でありながら臣籍降下した源誠明に唐突に求婚され――!?



内容紹介

後宮で複雑に絡み合う恋を描いた平安恋草紙

同じ屋敷に暮らす妹に婚約者を奪われてしまった淑子。公卿である父親が勝手に決めた相手だったとはいえ、妹は恋の勝者と勝ち誇り、女房たちは腫れ物に触るような態度をとってくる。厄介な状況に疲れ果てた淑子は、家を出て、典侍として後宮で働こうと決めた。
そして月日がたち――生真面目な淑子は、愛嬌がなくて刺々しい『柊の典侍』だと煙たがられながらも、いまや後宮を仕切る立派な典侍に成長。女同士の争いが日常茶飯事な後宮で、揉め事解決になくてはならない存在になっていた。
ある日、典侍として仕事上のやりとりが多い五位の蔵人に、二人の新任者がやってくる。そのうちの一人が妹の夫となった元婚約者だと知り、憂鬱になる淑子。彼と顔を合わせないようにと願いながら、蔵人所に向かった淑子は、もう一人の新しい蔵人、源誠明と対面する。誠明は、東宮の嫡子でありながら臣籍降下した人物。宮中では難しい立場の誠明だが、なぜか淑子のことをよく知っている様子。そのうえ、誠明は唐突な言葉を淑子に告げた。私と、結婚してください――。
後宮を舞台に複雑に絡みあう恋を描く、深山くのえの平安恋草紙!