genkai-shobo.jp

希望病棟


著者:垣谷美雨/著
価格:690円+税
刊行日:2020/11

出版社:小学館
ISBN:978-4-09-406836-8
Cコード:0193
[文庫](日本文学、小説・物語)

女医の摩周湖が中庭で拾った聴診器を使うと、患者の心の声が聞こえてきた。児童養護施設で育った桜子は大人を信じていない。議員の妻の貴子は子供を捨てたことがあるらしい。治験で癌が治った二人は人生を生き直す。



内容紹介

ロングセラー『後悔病棟』に続く感動の長編

神田川病院に赴任したばかりの女医・黒田摩周湖は、二人の末期癌の女性患者をみている。先輩のルミ子に促され、摩周湖が病院の中庭で拾った聴診器を使ってみると、患者たちの“心の声”が聞こえてきて・・・・・・。
母親に捨てられ、児童養護施設で育った桜子は、大人を信じていない。代議士の妻の貴子は、過去に子供を捨てたことがあるらしい。
摩周湖の勧めで治験を受けた桜子と貴子は快方に向かい、自分の人生を生き直すことに。大学に進学するお金がなく進路に悩む桜子、選挙にしか関心のない夫と姑を嫌悪する貴子。孤独と生きづらさを抱えてきた二人は、どのような道を歩み始めるのか――

共感の嵐を呼んだヒューマン・ドラマ『後悔病棟』に続く感動の長編!!

【編集担当からのおすすめ情報】
『きらら』連載作品を、いきなり文庫化!
「もしも人生をやり直せたなら、もっと間違いを犯せばよかった。従順な良妻なんかじゃなくて、後ろ指を指されるような人生でも全然かまわなかった」
「この世の中はロクなもんじゃない。ロクな大人はいない。頼れるのは自分だけだ」
聴診器を通して聞こえてくる貴子と桜子の本音が心に刺さる、全世代共感必至の小説です。