genkai-shobo.jp
単行本

当確師 十二歳の革命


著者:真山仁/著
価格:1,650円+税
刊行日:2020/12/22

出版社:中央公論新社
ISBN:978-4-12-005365-8
Cコード:0093
[単行本](日本文学、小説・物語)

主演・香川照之でこの冬ドラマ化決定! 敏腕コンサルタントの聖達磨が活躍する選挙エンタメ「当確師」の続篇が、待望の書籍化。



内容紹介

当選確率99%を誇る日本最強の選挙コンサルタント・聖達磨――人呼んで「当確師」。人柄は最低、依頼料は高額、それでも奴が動ければ当選間違いなしの聖に、新たな依頼が舞い込んだ。強権的な総理大臣を、その座から引きずり下ろすため、総理を選挙区で落とすというミッションだ。


総理の選挙区の長野四区で、12歳の少年が「僕らの小学校は、校区内にある芦原湖周辺の里山復活に取り組んでいます。特に地元では、ヘイケボタルとゲンジボタルが自然に繁殖できる努力しています。そんな時、総理がお考えになっている研究所が、芦原湖に出来ると聞きました。里山は守って戴けますか」と総理を問い詰めて話題となる。総理のお膝元・諏訪に、NASAとの共同研究所が設置される予定と、海外メディアが発信したからだ。この12歳の少年こそ総理への刺客の適任者! だが、少年には、被選挙権がない。どうする、聖――。

真山 仁

真山仁 1962年大阪府生まれ。同志社大学法学部卒業。新聞記者、フリーライターを経て、2004年、企業買収を巡る熱き人間ドラマを描いた小説『ハゲタカ』でデビュー。07年に『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ(『バイアウト』を改題)』を原作としたNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」が放映され、大反響を呼ぶ。著作多数。近著に『売国』『雨に泣いてる』『ハゲタカ外伝 スパイラル』がある。