genkai-shobo.jp
中公新書

五・一五事件

海軍青年将校たちの「昭和維新」

著者:小山俊樹/著
価格:900円+税
刊行日:2020/04/21

出版社:中央公論新社
ISBN:978-4-12-102587-6
Cコード:1221
[新書](日本歴史)

海軍青年将校らは、なぜ天皇親政の「昭和維新」を唱え、首相暗殺など兇行に走ったか。昭和戦前の最大の分岐点の全貌とその後を描く。



内容紹介

ロンドン海軍軍縮条約をきっかけに、政党政治を憂えた海軍青年将校、民間右翼らが起こした五・一五事件。首相暗殺、内大臣邸・警視庁を襲撃、変電所爆破による「帝都暗黒化」も目論んだ。本書は、大川周明、北一輝、橘孝三郎、井上日召ら国家主義者と結合した青年将校らが、天皇親政の「昭和維新」を唱え、兇行に走った軌跡を描く。事件後、政党内閣は崩壊し軍部が台頭。実行犯の減刑嘆願に国民は熱狂する。昭和戦前の最大の分岐点。

小山 俊樹

小山俊樹 1976(昭和51)年広島県生まれ.99年京都大学文学部(日本史学専攻)卒.2007年京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了 .博士(人間・環境学).立命館大学文学部講師などを経て,10年帝京大学文学部史学科講師.准教授を経て,17年より帝京大学文学部史学科教授.専攻・日本近現代史.著書『憲政常道と政党政治――近代日本二大政党制の構想と挫折』(思文閣,2012年)『評伝 森恪――日中対立の焦点』(ウエッジ,2017年)共著『昭和史講義1~3』(ちくま新書,2015~17年)『大学でまなぶ日本の歴史』(吉川弘文館,2016年)『日本政治史の中のリーダーたち―― 明治維新から敗戦後の秩序変容まで』(京都大学学術出版会,2018年)他多数