genkai-shobo.jp
中公新書

日本共産党 「革命」を夢見た100年

「革命」を夢見た100年

著者:中北浩爾/著
価格:1,100円+税
刊行日:2022/05/23 [ calendar_today Google ] [ calendar_today Yahoo! ]
出版社:中央公論新社
ISBN:978-4-12-102695-8
Cコード:1231
[新書](政治-含む国防軍事)

武装闘争の放棄など大きく変化した百年の歴史を追い、国際比較と現状分析を交え、今なお「革命」を目指す日本共産党の全貌を描く。



内容紹介

戦前から高度成長期にかけて多くの若者や知識人を惹きつけ、巨大な政治的磁場を作った日本共産党。東欧革命・ソ連崩壊などで深刻な打撃を受けたが、しぶとく生き残り、近年、野党共闘による政権交代を目標に据える。政権を担える事実上の社会民主主義政党になったのか、今なお暴力革命を狙っているのか。本書は、一貫して「革命」を目指しつつも大きく変化した百年の歴史を追い、国際比較と現状分析を交え同党の全貌を描く。

中北 浩爾

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

中北浩爾 1968年三重県生まれ.91年東京大学法学部卒業.95年東京大学大学院法学政治学研究科 博士課程中途退学.博士(法学).大阪市立大学法学部助教授,立教大学法学部教授などを経て,現在,一橋大学大学院社会学研究科教授.専門は日本政治外交史,現代日本政治論.著書『経済復興と戦後政治』(東京大学出版会,1998年)『一九五五年体制の成立』(東京大学出版会,2002年)『日本労働政治の国際関係史』(岩波書店,2008年)『現代日本の政党デモクラシー』(岩波新書,2012年)『自民党政治の変容』(NHKブックス,2014年)ほか

Share

Twitter Facebook LINE Pocket