genkai-shobo.jp
中公新書ラクレ

初歩からのシャーロック・ホームズ


著者:北原尚彦/著
価格:880円+税
刊行日:2020/11/09

出版社:中央公論新社
ISBN:978-4-12-150706-8
Cコード:1298
[新書](外国文学、その他)

世界有数の研究家が、ホームズ世界の魅力、知的スリルをあまさず解説!最高のホームズの愉しみ方。「初歩的なことだよ、ワトスン君」



内容紹介

1887年、『緋色の研究』にて世に登場して以来、シャーロック・ホームズは、小説、コミック、映像、ゲームなどメディアの変遷に乗り、名探偵として世界中で親しまれてきました。国と世代を越えて、どうしてこれほど人気を保ち続けているのでしょうか? 本書は、日本屈指の研究家がそんなホームズの謎に迫り、魅力を初歩から解説します。マニアも楽しめる読み所とエピソードが満載、資料も入った永久保存版です。これから読む人には最高の入り口となり、正典60篇を読み終えた人にはその後の指針たらんことを!

北原 尚彦

北原尚彦 1962年生まれ。青山学院大学理工学部物理学科卒。作家、翻訳家、ホームズ研究家。日本推理作家協会会員。日本古典SF研究会会長。1990年『ホームズ君は恋探偵』(北原なおみ名義)で小説家デビュー。小説『シャーロック・ホームズの蒐集』と研究書『シャーロック・ホームズ語辞典』で日本推理作家協会賞候補。ほか小説『ジョン、全裸連盟へ行く』『ホームズ連盟の事件簿』等、研究書『シャーロック・ホームズ秘宝の研究』等、訳書キム・ニューマン『モリアーティ秘録(上・下)』等。ドラマ『ミス・シャーロック』の監修を務める。