genkai-shobo.jp
C★NOVELS

荒海の槍騎兵1 連合艦隊分断

連合艦隊分断

著者:横山信義/著
価格:1,000円+税
刊行日:2020/08/29

出版社:中央公論新社
ISBN:978-4-12-501419-7
Cコード:0293
[新書](日本文学、小説・物語)

6000メートル上空の重爆撃機を撃ち落とす防空巡洋艦「青葉」。対空射撃という視点から大戦を描く新シリーズ開幕!



内容紹介

「恥を忍んで申し上げます。開戦日の延期はできないものでしょうか?」


「既にハワイ作戦に向けて動き始めている。今になっての中止は考えられぬ」


開戦劈頭の奇襲攻撃は根底から覆された――




昭和一六年、日米関係の悪化により、戦争は避けられぬ情勢となりつつあった。すでに連合艦隊は開戦に備え、各地で動き出している。そのなかに、特異な巡洋艦の姿があった。防空巡洋艦「青葉」「加古」。主砲すべてを高角砲に換装し、空母機動部隊を航空攻撃から守るために改装された艦である。


だが、真珠湾の米主力艦隊に奇襲をかける空母機動部隊への参加を見送られ、マレー・シンガポール攻略を担当する艦隊に配属されてしまった。想定とは違う任務に戸惑う乗組員たち。南方作戦には防空巡洋艦の出番はないのではと落胆の思いを抱いたが……。


そこに陸海軍、いや日本中を動転させる驚愕の情報が飛び込んできた!  新シリーズ開幕!

横山 信義

横山信義 1958年生まれ。長野県出身。東京工業大学卒。本田技術研究所勤務の傍ら『鋼鉄のレヴァイアサン』で作家活動を開始。著書に『八八艦隊物語』『修羅の波濤』『修羅の戦野』『砂塵燃ゆ』『蒼海の尖兵』『海鳴り果つるとき』『ビッグY』『零の守護者』『戦艦「大和」最後の光芒』『擾乱の海』『南海蒼空戦記』『旭日、遥かなり』『不屈の海』などシリーズ多数。