genkai-shobo.jp
シリーズ・グローバルヒストリー

シリーズ・グローバルヒストリー2 解放しない人びと,解放されない人びと

奴隷廃止の世界史

著者:鈴木英明/著
価格:2,900円+税
刊行日:2020/11/04

出版社:東京大学出版会
ISBN:978-4-13-025172-3
Cコード:1320
[全集・双書](歴史総記)


内容紹介

人類史に長く存在した奴隷に対して,廃止の動きがなぜ,18世紀の後半から世界的に急速に動き出したのか.イギリス,アメリカ,タイ,オスマン朝,そして日本を比較し,グローバルヒストリーとして奴隷制,その廃止をめぐる動きをとらえ,現代において解決すべき課題に迫る.

もくじ

序 章 奴隷廃止という世界史的共通体験
     1 奴隷制と私たち
     2 世界史的共通体験としての奴隷廃止――本書の目的
     3 本書の方法論

第1章 新大陸と啓蒙の時代
     1 大西洋奴隷貿易
     2 新大陸におけるアフリカ黒人を用いた奴隷制の展開
     3 アフリカ黒人が奴隷化される正当性
     4 啓蒙思想
     5 奴隷交易とサハラ以南アフリカとグローバル・ヒストリー

第2章 環大西洋奴隷廃止ネットワーク     
     1 クエイカーたち
     2 奴隷交易廃止協会
     3 現実感と伴った想像力
     4 革命の時代へ

第3章 大いなる矛盾――19世紀前半の大西洋とインド洋西海域
     1 奴隷交易廃止から奴隷制廃止までの長い道のり
     2 インド洋西海域
     3 想像と現実との距離

第4章 グローバル/ローカルなポリティクスとしての奴隷廃止
       ――あるいは手段化する奴隷廃止
     1 合衆国の維持と奴隷廃止
     2 輝かしい近代化へのひとコマとして,国民誕生の助走としての奴隷廃止
       ――ラッタナーコーシン朝の場合
     3 内なる奴隷の「発見」
       ――芸娼妓解放令と東アジアにおける奴隷概念の伝播
     4 廃止される奴隷制,廃止されない奴隷制――国際社会のなかで

第5章 解放しない人びと,解放されない人びと,新たに加わる人びと
     1 奴隷たちの去就
     2 労働力の争奪戦
     3 年季契約労働制
     4 年季契約労働制の廃止――再び自己と他者をめぐって

終 章 奴隷廃止は人類に何をもたらしたのだろうか?
     1 本書の論点
     2 世界史的共通体験の行く道


A Global History of Abolition of Slavery and Slave Trade
(Series Global History Vol.2)
Hideaki SUZUKI

鈴木 英明

国立民族学博物館グローバル現象研究部准教授