genkai-shobo.jp

なぜ、脱成長なのか

分断・格差・気候変動を乗り越える

著者:ヨルゴス・カリス/著 スーザン・ポールソン/著 ジャコモ・ダリサ/著 フェデリコ・デマリア/著 ほか
価格:1,400円+税
刊行日:2021/04/28

出版社:NHK出版
ISBN:978-4-14-081855-8
Cコード:0098
[単行本](外国文学、その他)

資本主義のオルタナティブとして注目される「脱成長」。欧米で脱成長論を推進する旗手が、その基本的な考え方と実践例を紹介。



内容紹介

日常から変革を起こす道を力強く示す!

繰り返される大量生産と大量廃棄、慢性化した長時間労働、広がり続ける格差、歯止めがかからない気候危機――。今、際限なき成長を追求する資本主義の矛盾と限界が露呈している。これを解決する経済社会ビジョンとして注目されるのが、「脱成長」だ。欧米で脱成長論を推進する旗手が、その基本的な考え方と実践例を紹介。人々の意識変革を誘いながら、ベーシックサービスやケア・インカムの導入、コモンズの復権など、脱成長の意向け必要な政策を論じる。”常識”を破り、真にゆたかな社会を構想する画期的提言の書! 『人新世の「資本論」』の著者・斎藤幸平氏が解説。

「本書の縦軸となるキーワードは、ウェルビーイング、平等、持続可能性だ。この3つのゆたかな可能性が理解できるなら、機能不全となりつつある近代の秩序による支配から、わたしたちはきっと脱出していける」――サスキア・サッセン(社会学者)

「脱成長は、21世紀のもっとも重要な思想のひとつである。本書はその思想がコンパクトにまとまっている。明快で、タイムリーで、今すぐ読むべき1冊」――ジェイソン・ヒッケル(人類学者)

「脱成長が経済だけの問題ではないことを、本書はありありと描き出す。脱成長とは、わたしたちがどう生きるか、どう行動するか、そしてどう世界を作っていくかという問題なのだ」――アルトゥーロ・エスコバル(人類学者)

「本書は、現状の否定や批判で終わらずに、その先へと大胆に踏み込んでいる。”で、僕らにできることはあるの?”という、よくある声に教育者としてどう答えればいいか、著者たちが見事な手本を示している」――マニーシャ・アナンシャラマン(セント・メリーズ・カレッジ・カリフォルニア教授)

ヨルゴス・カリス

バルセロナ自治大学教授

スーザン・ポールソン

フロリダ大学教授

ジャコモ・ダリサ

コインブラ大学研究フェロー

フェデリコ・デマリア

バルセロナ大学講師

上原 裕美子

翻訳家

保科 京子

翻訳家

斎藤 幸平

経済思想家、大阪市立大学准教授