genkai-shobo.jp
100分 de 名著

ヘミングウェイ スペシャル 2021年10月


著者:都甲幸治/著
価格:545円+税
刊行日:2021/09/25

出版社:NHK出版
ISBN:978-4-14-223130-0
Cコード:9498
[ムック・その他](外国文学、その他)

代表作『老人と海』、闘牛士を描いた短編『敗れざる者』、パリ時代の回想録『移動祝祭日』に、斬新な文体と複雑な内面の秘密を探る。


調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

「マッチョな文豪」はいかにして生まれたのか。意外な実像と今日性に迫る。

ハードボイルドで勇猛果敢、狩りや闘牛を好み、恋多きアメリカ現代文学の「パパ」。古き佳き男らしさの象徴と目されがちなヘミングウェイだが、このノーベル賞作家はそれほど単純ではない。その作品世界には過酷な戦争体験、抑うつ気質やクィア的性向など複雑な実人生が投影されている。また文章修業における勤勉さは、エンタテイメント性と前衛性の奇跡的な融合をもたらし、新しい文学的地平を拓いた。晩年の代表作『老人と海』、闘牛士の生きざまを活写した初期短編『敗れざる者』、若きパリ時代の回想録『移動祝祭日』の3作品から、いま注目すべきエコロジーや身体性などのテーマを読み取り、「文豪」の仮面に隠された人間像に迫る。

都甲 幸治

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

翻訳家・アメリカ文学研究者、早稲田大学教授。1969年、福岡県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科表象文化論専攻修士課程修了。翻訳家を経て、 同大学院総合文化研究科地域文化研究専攻(北米)博士課程修了。主著に『21世紀の世界文学30冊を読む』(新潮社)、『「街小説」読み比べ』(立東舎)、『狂喜の読み屋』(共和国)、訳書にジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』(新潮社)、チャールズ・ブコウスキー『勝手に生きろ!』(河出文庫)、共著に『引き裂かれた世界の文学案内――境界から響く声たち』(大修館書店)、『世界文学の21世紀』(P ヴァイン)など。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket