genkai-shobo.jp

DXの思考法 日本経済復活への最強戦略


著者:西山圭太/著 解説・冨山和彦/解説
価格:1,500円+税
刊行日:2021/04/13

出版社:文藝春秋
ISBN:978-4-16-391359-9
Cコード:0095
[単行本](日本文学、評論、随筆、その他)

本当のDX=人工知能が全業界に組み込まれることだ。会社組織もビジネスモデルも激変。変われる者だけが生き残る。



内容紹介

累計9万5000部(電子含む)突破!『コロナショック・サバイバル』
『コーポレート・トランスフォーメーション』に続く「DX成功への決定書」!

「DXの真髄を見事に解き明かした。これからのビジネス、社会を考える必読書」
 ーー松尾豊氏(東京大学大学院教授・人工知能研究者)推薦!

「著者は、時代の数歩先を行く天才だ!」ーー冨山和彦氏(IGPIグループ会長) 絶賛!

会社、産業、社会、そして国家、個人までが
DX(デジタル・トランスフォーメーション)の「対象」かつ「主体」となる時代が到来。

天才ビジョナリーが描く「DX成功の極意」とは。「ミルフィーユ化する未来」とは。
    
†DXの要諦は「抽象化」にある
†抽象と具象を行き来する 
†タテからヨコへ、ピラミッドからレイヤーへ
†あなたも会社もエコシステムの一部に
†「相対性理論」の感覚を実践する
†人工知能と人間の距離をどう埋めるか
†日本の中小企業が真似しやすいのはドイツ
†アリババが自らをケーキにたとえる理由
†ネットフリックスには、なぜ上司の決裁がないか
†見たことのない「万能工場」のつくり方
†自社の製品・システムから発想してはいけない
†読者のUXを研究していた夏目漱石
†各国が注目するインド政府のデジタル化
†10億人に給付金とワクチンを届ける仕組み