genkai-shobo.jp

僕が死んだあの森


著者:ピエール・ルメートル/著 橘明美/翻訳
価格:1,900円+税
刊行日:2021/05/26

出版社:文藝春秋
ISBN:978-4-16-391377-3
Cコード:0097
[単行本](外国文学小説)

6歳の子を殺してしまった少年。遺体を森に埋めて罪を逃れたが、やがて森の開発計画が。仏文学界の鬼才が放つ傑作犯罪サスペンス。



内容紹介

『その女アレックス』で世界中を驚愕させた鬼才ルメートル、
 まさに極上の心理サスペンス。

 あの日、あの森で少年は死んだ。
 ――僕が殺した。

 母とともに小さな村に暮らす十二歳の少年アントワーヌは、隣家の六歳の男の子を殺した。森の中にアントワーヌが作ったツリーハウスの下で。殺すつもりなんてなかった。いつも一緒に遊んでいた犬が死んでしまったことと、心の中に積み重なってきた孤独と失望とが、一瞬の激情になっただけだった。でも幼い子供は死んでしまった。
 死体を隠して家に戻ったアントワーヌ。だが子供の失踪に村は揺れる。警察もメディアもやってくる。やがてあの森の捜索がはじまるだろう。そしてアントワーヌは気づいた。いつも身につけていた腕時計がなくなっていることに。もしあれが死体とともに見つかってしまったら……。
 じわりじわりとアントワーヌに恐怖が迫る。十二歳の利発な少年による完全犯罪は成るのか? 殺人の朝から、村に嵐がやってくるまでの三日間――その代償がアントワーヌの人生を狂わせる。『その女アレックス』『監禁面接』などのミステリーで世界的人気を誇り、フランス最大の文学賞ゴンクール賞を受賞した鬼才が、罪と罰と恐怖で一人の少年を追いつめる。先読み不可能、鋭すぎる筆致で描く犯罪文学の傑作。