genkai-shobo.jp

娘の遺体は凍っていた 旭川女子中学生イジメ凍死事件


著者:文春オンライン特集班/著
価格:1,400円+税
刊行日:2021/09/10

出版社:文藝春秋
ISBN:978-4-16-391431-2
Cコード:0095
[単行本](日本文学、評論、随筆、その他)

行方不明から一ヵ月半、遺体は雪の中から見つかった。彼女が中学に入ってから受けた凄惨なイジメとは? 徹底取材で描く事件の全貌。


調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

 中学2年の少女を死に追いやったのは、誰か?

わいせつ写真の要求、自慰行為の強要――中学校入学間もない凄惨なイジメ。だが学校はイジメを認めず、心に傷を負った少女はある日、忽然と消えた。そして38日後――。遺体は雪の中から発見された。
凄惨なイジメの実態、不可解な学校の対応。遺族・加害者・関係者に徹底取材した文春オンラインの報道は全国的な反響を呼び、ついに第三者委員会の再調査が決定した。北の大地を揺るがした同時進行ドキュメント。母の手記「爽彩へ」を収録。

取材班は旭川に向かった――
「文春オンライン」編集部に爽彩さんの母親の支援者から連絡が寄せられたのは、彼女の遺体が発見されてから1週間後のことだった。この支援者によると、爽彩さんは2019年4月、地元のY中学校に通うようになってすぐ、近隣の小中学校の生徒から「性的な辱め」を受けた過去があり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症、死亡する直前までそのトラウマに苦しんでいたという。
 取材班は旭川に向かった。だが、関係者に多くの未成年がいることを鑑み、未成年の関係者への取材は保護者を通じて申請するなど取材は可能な限り慎重に進めた。(本文より)

目次より
遺体は凍っていた/凄惨なイジメの実態/少女は川へ飛び込んだ/加害者たちが語ったこと/中学校はどう対応したか/「イジメはなかった」当時の校長を直撃/第三者委員会による再調査が決定/爽彩さんがネットの友人たちに相談していたこと/大荒れとなった保護者説明会/拡散するデマ、逮捕者も出た迷惑ユーチューバー/第三者委員会のメンバー候補への疑問/市議会で相次いだ事件への質問/「死体検案所」は語る/隠蔽体質の教育委員会は解散せよ――尾木ママの直言/〔資料〕全文公開 Y中学臨時保護者会/母の手記「爽彩へ」

文春オンライン特集班

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

Share

Twitter Facebook LINE Pocket