genkai-shobo.jp
文春新書

東條英機 「独裁者」を演じた男


著者:一ノ瀬俊也/著
価格:1,200円+税
刊行日:2020/07/20

出版社:文藝春秋
ISBN:978-4-16-661273-4
Cコード:0295
[新書](日本文学、評論、随筆、その他)

敗戦の責任を一身に背負わされた東条英機。しかし、その実像は? 「総力戦の指導者」としての東条を再検証する。



内容紹介

敗戦の責任を一身に背負わされた東條英機。しかし、その実像は、意外に知られていない。日本の航空事情を知り尽くし、メディアを使った国民動員を実践した宰相は、なぜ敗れ去ったのか。「総力戦指導者」としての東條を再検証する。「東條は軍人、戦争指導者として1930年代以降、航空戦と総力戦を相当に重視し、それを国民に語りかけてもいた。東條の行動の背後には、彼なりの戦争指導者としての自己意識や使命感があったのである。「総力戦」指導者としての東條の実像を、その発言や行動に基づき明らかにすることが、本書の目的である。(「はじめに」より)本書の内容・永田鉄山の側近にして、最も有望視された後継者・軍内部の派閥抗争で頭角を現す・初代陸軍航空総監部としての活動・陸軍の「総力戦」思想を受け継ぐ・陸軍大臣から首相へ。いかにして東條は「選ばれた」のか・本気でアメリカと開戦する気はあったのか・私服で配給に並び国民と対話する「庶民派」になった理由・首相、陸相、参謀総長、軍需相などの兼務を繰り返す必要があったのか・海軍との激しい「物資」の奪い合い・航空戦の重視と日本の生産力の実情・なぜ、戦時下の東條批判を許さなかったのか・首相としてはじめて行った外遊・東京裁判という舞台で、一世一代の「演技」批判にも礼賛にも偏ることなく、史料と証言に基づいた東條英機の姿を描く。