genkai-shobo.jp
児童書

ねこと王さま


著者:ニック・シャラット/著 市田泉/翻訳
価格:1,600円+税
刊行日:2019/12

出版社:徳間書店
ISBN:978-4-19-865003-2
Cコード:8098
[単行本](外国文学、その他)

町に引っ越してきてから、しだいに自分でいろいろなことができるようになる王さまと、王さま思いのねこの、心あたたまる物語。



内容紹介

しだいに自分でいろいろなことが
できるようになる王さまと、王さま思いのねこの、
ユーモラスで心あたたまる物語。
アリゲーターズ・マウス賞受賞作品。

今から少しむかしの話。
王さまが、いちばんの友だちのねこと、
お城で幸せにくらしていました。
でもある日、ドラゴンがおそってきて、
お城がもえてしまい、王さまとねこは、
新しく住むところを探すことになりました。
ふたりは町へ引っ越し、小さな家にくらすことに。
ところが、王さまは「王さまのしごと」の
ほかには、何もできなくて…?

ニック・シャラット

英国のイラストレーター。大学卒業後、雑誌のイラストレーションからパッケージデザインまで幅広く活躍。現在は、子どもの本の制作に精力的に取り組む。訳書に、『ちゃんとたべなさい』(ケス・グレイ作/小峰書店)などがある。本書は、シャラットが初めて文章も書いた児童文学作品。

市田泉

翻訳家。お茶の水女子大学卒。主な訳書に『ねこはまいにちいそがしい』『銀のらせんをたどれば』(徳間書店)、『ボーンシェイカー』(早川書房)、『翼のある歴史 図書館島異聞』『図書館島』『ずっとお城で暮らしてる』(以上東京創元社)など。