genkai-shobo.jp

キム・ラッキの人体ドローイング


著者:キムラッキ/著 ユングァンヒョン/監修 チャンジニ/翻訳
価格:5,000円+税
刊行日:2020/07/18

出版社:オーム社
ISBN:978-4-274-22565-9
Cコード:3070
[単行本](芸術総記)

人の動作がどのような筋肉運動や骨の形によって形成されるかを美術解剖学に基づいて解説。人体を図形化することで、描き方を解説。



内容紹介

マンガ家、アニメーター、ゲームクリエーター必読!人体の迫力ある動きを裸図で描こう!
本書は、人が動作の中でみせるさまざまなポーズが、どのような筋肉運動や骨の形によって形成されるのかを、美術解剖学に基づきながら丁寧にかつ多くの事例を紹介して説明している書籍です。
・図形化から筋肉、裸図を描く
人体を頭や胴体、手足など図形の組合せで示す「図形化」をリアルにかつそれぞれの場面で記すことで、その角度からの人体の見え方、筋肉のつきかたを表現しやすくします。
・角度の違いによる人体のパーツの見え方を描く
顔をさまざま確度から描くことがありますが、そのとき目や鼻、口がどのよう角度でそれぞれがどのような位置関係にあるかを描くのは難しいとされています。それを図形化を使ってわかりやすく示しています。
・激しく複雑な体の動きを描く
特に後半が本書の最大の特徴です。格闘技やスポーツの場面で見られる複雑なポーズの事例を図形化と一緒に多く掲載しています。