genkai-shobo.jp

合唱 岬洋介の帰還


著者:中山七里/著
価格:1,500円+税
刊行日:2020/04/17

出版社:宝島社
ISBN:978-4-299-00418-5
Cコード:0093
[単行本](日本文学、小説・物語)


内容紹介

中山七里 作家生活10周年記念12ヵ月連続刊行4冊目は
累計127万部突破の大人気「音楽ミステリー」シリーズ最新刊!

天才ピアニスト・岬洋介が旧友の危機を救うため、地球の裏側から急遽駆けつける。
そして悪徳弁護士や熱血刑事、死体好きな法医学者たちと相まみえ……。
フジテレビ系連続ドラマ「悪魔の弁護士 御子柴礼司」や連続ドラマW「ヒポクラテスの誓い」など
ドラマ化もされた人気キャラクターたちが集結!
“どんでん返しの帝王"中山七里が長年温めていた作品、ついに刊行です。

出版社からのコメント
2020年は中山七里作家生活10周年です!
記念に、出版社横断で前代未聞の12ヵ月連続刊行に加えて
“あなたが小説のキャラクターになる+オリジナル書き下ろし小説
プレゼント"キャンペーンを実施中!
詳しくは本に挟み込まれているチラシをご確認ください。

中山 七里

1961年、岐阜県生まれ。『さよならドビュッシー』にて2010年第8回『このミステリーがすごい!』大賞受賞。他の著書に『おやすみラフマニノフ』『さよならドビュッシー前奏曲 要介護探偵の事件簿』『いつまでもショパン』『どこかでベートーヴェン』『連続殺人鬼カエル男』『連続殺人鬼カエル男ふたたび』『総理にされた男』(以上、宝島社)、『帝都地下迷宮』(PHP研究所)、『ネメシスの使者』(文藝春秋)、『騒がしい楽園』(朝日新聞出版)、『翼がなくても』(双葉社)、『人面瘡探偵』(小学館)、『悪徳の輪舞曲』(講談社)、『ワルツを踊ろう』(幻冬舎)、『死にゆく者の祈り』(新潮社)、『秋山善吉工務店』(光文社)、『笑え、シャイロック』(KADOKAWA)など多数。