genkai-shobo.jp

サハリン島


著者:エドゥアルド・ヴェルキン/著 北川和美/翻訳 毛利公美/翻訳
価格:3,800円+税
刊行日:2020/12/28

出版社:河出書房新社
ISBN:978-4-309-20812-1
Cコード:0097
[単行本](外国文学小説)

北朝鮮発の核戦争後、先進国で唯一残った日本は鎖国を開始。帝大の未来学者シレーニは人肉食や死体売買が蔓延するサハリン島に潜入する。この10年で最高のロシアSFとされる衝撃の傑作。


エドゥアルド・ヴェルキン

1975年旧ソ連生まれ。ゴーリキー文学大学で学び、児童向けSFで受賞多数。2006年初の長篇ファンタジー『夢の居場所』を発表。18年刊行の本書はこの10年で最も優れたロシアSFと高い評価を得ている。

北川 和美

ロシア語通訳・翻訳家。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。専攻は現代ロシア文学・文化。訳書に、M・エリザーロフ『図書館大戦争』、P・ワイリ&A・ゲニス『亡命ロシア料理』(共訳)など。

毛利 公美

翻訳家・ロシア文学研究者。東京大学大学院人文社会系研究科博士後期課程修了。訳書に、グレゴリー・オステル『いろいろのはなし』、ナボコフ『処刑への誘い・戯曲 事件・ワルツの発明』(共訳)など。