genkai-shobo.jp

縄紋


著者:真梨幸子/著
価格:1,600円+税
刊行日:2020/06/02

出版社:幻冬舎
ISBN:978-4-344-03615-4
Cコード:0093
[単行本](日本文学、小説・物語)


内容紹介

「人間の面白いところは、たとえ明日、世界か滅亡すると知っても、怒りとか、嫉妬とか、そういう自分の小さなことを優先するということです 真梨幸子」

縄紋時代、女は神であり、男たちは種馬、奴隷でした。

フリーの校正者・興梠に届いた自費出版の原稿。それは “ 縄「紋」時代 ” に関する記述から始まる不可思議なものだった。読み進めていくうち、貝塚で発見された人骨など、現在にも繋がる点が幾つも現れて.....。この著者の正体は誰なのか、「縄紋黙示録」に隠されているメッセージとは。やがて興梠たちの身辺でも異変が起こり始めーー。多くの文豪たちが暮らし、今も有名学区が犇めく東京・文京区を舞台に、過去と現代、そして未来が絡み合う驚天動地の大長編。これは小説か預言なのか。

世界まるごと大どんでん返し!

真梨 幸子

1964年宮崎県生まれ。2005年『孤虫症』で第32回メフィスト賞を受賞しデビュー。2011年に文庫化された『殺人鬼フジコの衝動』が累計60万部を超えるベストセラーに。他に『女ともだち』『みんな邪魔』『あの女』『6月30日の同窓会』『三匹の子豚』『ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで』など多数。