genkai-shobo.jp

日本の生き残る道 企業統治が我が国を救う


著者:牛島信/著
価格:1,700円+税
刊行日:2022/09/14 [ calendar_today Google ] [ calendar_today Yahoo! ]
出版社:幻冬舎
ISBN:978-4-344-04043-4
Cコード:0095
[単行本](日本文学、評論、随筆、その他)


内容紹介

日本企業のガバナンスは成熟したか。「失われた30年」の先の未来へ。国際派の企業弁護士による、我が国のあり方を問う憂国の書!「失われた30年」といわれた久しい日本経済。それを支える日本企業のガバナンスは、いくつもの課題に直面しながら、その形を変えていった。本書は2014年から2022年まで朝日新聞で著者が連載してきた、名物コラムを軸に構成。あまたの事例を元に日本企業が直面してきた課題やその成長過程を、ガバナンスという視点から概観し、経済低迷にあえぐ我が国のあり方を見通す。第1章:企業にとってのガバナンス第2章:働く人にとってのガバナンス第3章:投資家を呼び込むガバナンス第4章:東芝と我が国のガバナンス付録:続・身捨つるほどの祖国はありや

牛島 信

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

Share

Twitter Facebook LINE Pocket