genkai-shobo.jp

ごりやく歳時記 福運を招く12か月の作法


著者:桜井識子/著
価格:1,500円+税
刊行日:2022/12/14 [ calendar_today Google ] [ calendar_today Yahoo! ]
出版社:幻冬舎
ISBN:978-4-344-04056-4
Cコード:0095
[単行本](日本文学、評論、随筆、その他)


内容紹介

季節の行事は開運の鍵だった!◎立春 新しい財布を神社で下ろすと金運アップ◎端午の節句 菖蒲湯のパワーで邪気が消滅◎花火大会 火と音が大空をスッキリ浄化する生まれ持った霊能力に加えて修行により霊格を上げ、神様とおはなしができるようになった桜井識子さん。神社仏閣で神様や仏様と話したことをブログや本で紹介し、その衝撃の内容と親しみやすい語り口が多くの支持を得ています。本書のテーマは桜井識子さん流の「歳時記」。歳時記とは1年の季節ごとの行事について解説した書物のことです。この本では季節の行事で運気を上げて不運を祓う、ちょっとしたコツを1月から12月まで順に紹介しています。「鏡餅にみかんは絶対必要」「〈七草がゆ〉は〈七つの野菜のカレー〉でもOK」「桃の種は邪気を吸い取ってくれる」「運気を上向きに変えるポイントの日とは?」「読経場所は本堂かお墓かで供養の意味が変わる」などなど、見えない世界の驚きの秘密が次々に明かされます。なんとなくやりすごしていた季節の行事が、待ち遠しくなることうけあいです。過去最高に運に恵まれる1年になりますよう、ぜひ本書をそばに置いてご活用ください。◎初詣 大勢の中から神様に気づいてもらうコツ◎お花見 境内でくっついた花びらは神様のプレゼント◎七夕 縁結び専門の神社は7月2日~7日が狙い目◎お盆 ご先祖様をお迎えする手順とは?◎重陽の節句 菊や緑色のみかんは体内をキレイにする◎クリスマス 本物のモミの木だとパワーが強い◎除夜の鐘 よくないものを鐘の響きが祓う

桜井 識子

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

Share

Twitter Facebook LINE Pocket