genkai-shobo.jp
祥伝社新書

江戸の暗号


著者:土方勝一郎/著
価格:880円+税
刊行日:2021/03/30

出版社:祥伝社
ISBN:978-4-396-11626-2
Cコード:0221
[新書](日本歴史)


内容紹介

天正18(1590)年、江戸に入府した家康は、江戸改造を実施する。
その後、秀忠・家光に受け継がれた都市計画は、平安京と異なる「霊的な防衛構造」がいたるところに見られる。
本書は建築構造を専門とする著者が長年の研究の末、江戸・東京に残された“徳川の仕掛け"を読み解く試みである。
平安京と同じく四聖獣を土地に当てはめた「四神相応説」や、富士の気を呼び込むために造られた
江戸の「渦巻構造説」などを宗教と地理の観点から検証し、徳川家と怪僧・南光坊天海の真意に迫る。
はたして、徳川家が恐れたのは、何だったのか――。江戸の町に隠された謎に迫る。

もくじ

第1章 都の守護システム
第2章 江戸の地形
第3章 江戸の霊的防衛
第4章 江戸の渦巻構造の謎
第5章 北斗七星が護る江戸の町
第6章 江戸の結界