genkai-shobo.jp
祥伝社新書

世界を変える5つのテクノロジー ――SDGs、ESGの最前線


著者:山本康正/著
価格:880円+税
刊行日:2021/09/01

出版社:祥伝社
ISBN:978-4-396-11636-1
Cコード:0234
[新書](経営)

調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

このままでは日本だけが取り残される!

行き過ぎた資本主義に対する反省から、日本では「脱成長」がブームとなっている。

しかし、GAFAMなど世界のテック企業の進化が止まることはない。
むしろテクノロジーを加速させて、気候変動、食料不足、教育格差といった社会課題を
ビジネスチャンスに変えている。

また、世界では、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取った
ESG投資が急速に進む。SDGs(持続可能な開発目標)にも重なるESG投資の運用資産は、
2025年には世界で53兆ドルを超えるともいわれており、取り組まない企業には人も資金も集まらない。
ESGに根ざした経営は、もはやビジネスの〝参加条件〟ともいえる。

本書では、ESG、SDGsの観点から5つの社会課題を取り上げ、最新のテクノロジーの動向とイノベーションを生み出す企業の強さを解説。GAFAM、テスラ、セールスフォース、その他注目のスタートアップが見据える未来とは―。そして、自ら環境問題と国際協力に取り組んできた著者だからこそ言える、日本のビジネスパーソンがESGを自分ごと化するために必要なこととは何か?

第6章では、元スタンフォード大学教授で東京大学マーケットデザインセンターの小島武仁センター長との対談も収録。世界を知る二人が語り合う、持続可能な社会の実現に果たす経済学とテクノロジーの役割とは。

欧米に比べてすでに出遅れている日本が、「脱成長」という幻想に浸っているひまはない。
最先端のビジネスモデルを知り、サステナブルを武器に変えて未来を切り拓け!

もくじ

はじめに 2050年の世界を待ち受ける風景
第1章  ESGはビジネスの最低条件
第2章  2030年の世界を救うテクノロジー
第3章  2030年をリードする企業の勝ち方
第4章   ESGで激変する業界
第5章  日本企業への処方箋
第6章  特別対談 小島武仁×山本康正「理想を現実に変える 経済学の未来」

山本 康正

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

Share

Twitter Facebook LINE Pocket