genkai-shobo.jp
単行本

金とドルは光芒を放ち 決戦の場へ


著者:副島隆彦/著
価格:1,700円+税
刊行日:2020/11/02

出版社:祥伝社
ISBN:978-4-396-61743-1
Cコード:0033
[単行本](経済・財政・統計)


内容紹介

迫り来る金融大動乱の時代に備えなさい―?。

新型コロナウイルスが直撃した2020年の世界金融市場。
株価は下落し、各国政府は経済対策に追われている。
そのさなか、金価格が急上昇。2月に1グラム5,666円(小売価格の月間平均)だった金は、
半年後の8月7日に7769円の最高値を記録した。
20年前から「実物資産の王様である金を買いなさい」と説き続け、
自他ともに〝金買え評論家〟を称する著者が、金市場の最新情勢を分析、予測する。
金はこれからどうなるのか。著者はズバリ書く。
「金の値段は今の5倍になる。1グラム7000円を目標に買いなさい。
2024年に起きる金融動乱のときに売りなさい」。
さらに「国は小金持ち層の資産を狙っている。やがて財産税が課せられる」と警告を発する。
日本の政権交代、米大統領選、米中新冷戦、コロナ騒ぎ……先行き不透明な時代に贈る、
最強の個人資産防衛戦略。