genkai-shobo.jp

イタリア料理の誕生


著者:キャロル・ヘルストスキー/著 小田原琳/訳 秦泉寺友紀/訳 山手昌樹/訳
価格:3,400円+税
刊行日:2022/08/24 [ calendar_today Google ] [ calendar_today Yahoo! ]
出版社:人文書院
ISBN:978-4-409-51094-0
Cコード:1022
[単行本](外国歴史)

アメリカへ渡った移民の存在と二つの大戦、そして戦後の消費文化が食に及ぼした影響を辿ることで、「イタリア料理」成立の歴史が見えてくる。多様な史料をもとに複雑な食糧政策と庶民の反応を鮮やかに描く。



内容紹介

イタリア料理は「政治」と「空腹」がつくった?
アメリカへ渡った移民の存在と二つの大戦、そして戦後の消費文化が食に及ぼした影響を辿ることで、「イタリア料理」成立の歴史が見えてくる。多様な史料をもとに複雑な食糧政策と庶民の反応を鮮やかに描く、食のイタリア現代史。

「「イタリア料理」、またひいては国民料理とはいかなるものなのかは、それ自体、論争の対象である。しかし、国民的な広がりをもって消費されていることは、そのひとつの重要な契機、指標と位置づけられよう。こうした要素に注目して「イタリア料理」を捉え直し、国や政府の介入に焦点を合わせた本書は、「イタリア料理」の歴史をめぐる議論に一石を投じるものといえる。」(訳者解説より)

もくじ

日本語版はしがき
謝辞

序 章

第一章 貧しさにいろどられた食生活と国家統一(1861~1914年)
  第一節 社会問題としての食
  第二節 移民のイタリア料理
  第三節 国民料理へ向けて

第二章 第一次世界大戦と食の国家統制(1915~22年)
  第一節 大戦初期の消極的介入
  第二節 食糧供給の戦時体制
  第三節 欲望の統一
  第四節 食生活と政治の岐路

第三章 ファシズム料理(1922~35年)
  第一節 ファシズム支配の確立
  第二節 国民料理の誕生
  第三節 合意の料理

第四章 軍国社会と節約料理(1935~45年)
  第一節 エチオピア侵略
  第二節 禁欲生活
  第三節 第二次世界大戦
  第四節 食と人口戦争

第五章 「経済の奇跡」と豊かさの挑戦(1945~60年)
  第一節 戦後復興と食
  第二節 大量消費社会の到来
  第三節 イタリア料理の再定義

結論 欠乏料理

エピローグ

訳者解説
訳者あとがき

参考文献

索引

キャロル・ヘルストスキー

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

【著者】キャロル・ヘルストスキー Carol Helstosky/専門はイタリア現代史、イタリア料理の歴史。現在デンバー大学歴史学科准教授。主著にPizza: A Global History, Reaktion Books, 2008〔『ピザの歴史』(田口未和訳)原書房、2015年〕。編著にThe Routledge History of Food, Routledge, 2015.

小田原 琳

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

【訳者】小田原 琳(おだわら・りん) 専門はイタリア史、ジェンダー史。現在、東京外国語大学大学院総合国際学研究院准教授。分担執筆に東京歴史科学研究会『歴史を学ぶ人々のために』(岩波書店、2017年)、武内信一・中山智香子編『ブラック・ライヴズ・マターから学ぶ−−アメリカからグローバル世界へ』(東京外国語大学出版会)など。訳書にセバスティアン・コンラート『グローバル・ヒストリー――批判的歴史叙述のために』(岩波書店、2021年)、共訳書にヘイドン・ホワイト『メタヒストリー――19世紀ヨーロッパにおける歴史的想像力』(作品社、2017年)、シルヴィア・フェデリーチ『キャリバンと魔女』(以文社、2017年)など。

秦泉寺 友紀

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

【訳者】秦泉寺 友紀(しんせんじ・ゆき) 専門はイタリア社会論、ナショナリズム・エスニシティの社会学。現在、和洋女子大学国際学部教授。分担執筆に北村暁夫・伊藤武(編著)『近代イタリアの歴史』(ミネルヴァ書房、2012年)、高橋進・村上義和(編著)『イタリアの歴史を知るための50章』(明石書店、2017年)、樽本英樹(編著)『排外主義の国際比較―先進諸国における外国人移民の実態』(ミネルヴァ書房、2018年)、赤川学・祐成保志(編著)『社会の解読力』(新曜社、2022年)など。

山手 昌樹

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

【訳者】山手 昌樹(やまて・まさき) 専門はイタリア近現代史、イタリア鉄道史。現在、日本女子大学文学部学術研究員。共編著に土肥秀行・山手昌樹(編著)『教養のイタリア近現代史』(ミネルヴァ書房、2017年)、分担執筆に高橋進・村上義和(編著)『イタリアの歴史を知るための50章』(明石書店、2017年)、藤原辰史(編著)『歴史書の愉悦』(ナカニシヤ出版、2019年)、北村暁夫・田中ひかる(編著)『近代ヨーロッパと人の移動――植民地・労働・家族・強制』(山川出版社、2020年)など。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket