genkai-shobo.jp
イラストノート BOOK

エイサクノート 窪之内英策の絵の仕事

窪之内英策の絵の仕事

著者:窪之内英策/著 イラストノート編集部/編集
価格:2,400円+税
刊行日:2020/12/09

出版社:誠文堂新光社
ISBN:978-4-416-71828-5
Cコード:0071
[単行本](絵画・彫刻)

イラストノート No.45「窪之内英策特集」に最新作を中心とした作品を約100点追加。



内容紹介

1980年代後半を舞台に描かれた漫画「ツルモク独身寮」の作者である窪之内英策。
長年続けてきた漫画制作から現在はイラストレーションに活躍の場を移しています。
淡くキュートな女の子のイラスト、独特のやわらかなタッチや色彩で描かれる手描きの生み出される唯一無二の表現は世代や性別を超え、多くのファンを獲得しています。
ツイッターのフォロワー数は、25万人を超え、投稿のたびに大きな反響を呼んでいます。

イラストノート No.45では、幅広い層から支持を受けている窪之内英策さんに密着取材を敢行。
最新作のドローイングや台湾での大型展示会での様子、これまでの歩み、ロングインタビューなど盛りだくさんの内容で展開。
漫画家として、アーティストとして、今、最も注目を集める窪之内英策さんのすべてが詰まっています。

本書は、イラストノート No.45「窪之内英策特集」に最新作を中心とした作品を約100点を追加し、書籍化しました。
ボリュームアップした内容で、さらに魅力を感じる一冊となっています。

窪之内 英策

■窪之内 英策(クボノウチ エイサク) 1986年、「週刊少年サンデー」(小学館)に掲載の『OKAPPIKI EIJI』でデビュー。一時期、島本和彦のアシスタントをしていた。主に青年コミック誌で活躍。映画化などもされた「ツルモク独身寮」のモデルとなった会社は、かつて作者がデビュー前に勤務していた「カリモク家具」である。また、寮の建屋は東京急行電鉄田園都市線・市が尾駅近辺に存在していた、作者の知人が勤務していた会社の独身寮がモデルになっている。「ツルモク独身寮」後半から漫画を描くことへのスランプに陥る。ひとつは絵に対するテクニカル的ジレンマ。もうひとつは漫画の型に収めることへのストレスと葛藤。2010年の「ピカもん」連載中に体を壊し、髪の毛が一気に白髪になったことで漫画家をいったん休業宣言した。絵は「楽描き」として描き続けていたため、ツイッターを通して発表の場とする。2014年からツイッターを通して仕事が舞い込むようになり、イラスト、CM、キャラクターデザインなど漫画の枠を超えた活動を行う。鉛筆で下絵を描き、コピックで色付けをしているなど、アナログな画法にこだわる。