genkai-shobo.jp

2.2坪の魔法


著者:森田隼人/著
価格:1,400円+税
刊行日:2021/11/18

出版社:ダイヤモンド社
ISBN:978-4-478-10907-6
Cコード:2034
[単行本](経営)

「小さなお店が繁盛店になるための20の具体的方法」


調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

本書は、
日本で最も予約が取れないレストランを作った森田隼人シェフの発想と経営哲学、生き方がわかる注目の1冊です。
2.2坪という激セマ焼肉店「神田 六花界」をつくり、当初「絶対すぐ潰れる!お金の無駄だ」という大方の予想を覆し、何と家賃100倍の売上を達成した超繁盛店をつくりあげた著者の哲学をまとめた本です。
その「六花界」は、東京初の立ち焼肉店!
なんと4畳半の狭さに、厨房もトイレも客席も全部ある小さなお店がスタートでした!
「狭さ」「不便さ」を逆手にとった戦略が注目を浴び、12年経った今でもTVやメディアで取り上げられ続けており、「和牛+和酒」「立ち食い焼肉」「知らない人と七輪共有」「タレ肉は出さない」
などストーリーのある焼肉店として話題に!
さらに、著者が次々と手がけた六花界グループの驚きのコンセプトは、「私語禁止、撮影禁止、スマホ禁止」「SNS投稿禁止」「完全紹介制」「支払いではなくお月謝」「女性だけしか予約の取れないお店」「プロジェクションマッピングも活用した劇場型焼肉店(クロッサムモリタ)」など、誰も思いつかなかったようなオンリーワンなコンセプトで全店舗超予約困難店に!食通たちをうならせている森田隼人は、元々建築家!?プロボクサー!?さらには公務員!?、、、そんな奇想天外な発想と経営哲学、生き方がわかる注目の1冊です。

第1章では、元金券ショップの2・2坪の用地を大繁盛店を作るために著者が実践してきたこと、考えてきたことを「2.2坪の哲学」として書かれてあります。
第2章では、「六花界」からスタートして焼肉業界に留まらず飲食業界に影響を与え続ける、魅力あるコンセプトの発明の方法と歴史を。例えば「会員制」「女性限定」「日本酒飲み放題」「料理とプロジェクションマッピングの融合」「研究チーム」など、オンリーワンなコンセプトが生まれた秘密が書かれてあります。
第3章では経営者としての哲学。、、、なのですが、料理人だけではなく元公務員であり、国家資格を取得している建築家、元プロボクサーでもある森田。多角的な視点から見える六花界の経営哲学が書かれています
第4章では様々に達成してきたパラレルキャリアを持つ森田のマインドロジックと生き方の哲学、人生観、これから挑戦する人に伝えたい事が書かれています。
第5章は「シェフの哲学」料理人と焼肉屋の間の存在だった著者だから考え付いたこと発想と哲学が書かれてあります
第6章は著者が普段生活の中で続けているライフハックの習慣をご紹介いただいてます。他の人とだいぶ違う習慣があるのも面白いと思います。
最後の第7章では著者の考え、言葉をまとめて書いてあります

もくじ

第一章 「2.2坪の魔法~小さいほうがうまくいく;六花界の哲学」
サラリーマンが多い;駅近物件を探せ
乾杯は世界を救う
「蕎麦派かうどん派」か;会話に制限を作る
お客様のテンションがM A Xに揃う瞬間を作る
六花界で出会って結婚!?
お客様からスタッフ;そして家族になる
お金の取引は心の取引
バッターボックスには;たくさんのチャンスが転がっている!

第二章 「今までにない空間をクリエイティブする~2.2坪から50坪の哲学」
常連様限定「お月謝」の意味
完全紹介・予約制の劇場型肉割烹「初花一家」
;1日1蔵;東京酒造体験「吟花」
;日本酒ショールーム「五色桜」
;クロサムクリエーション「クロッサム モリタ」
料理の技術・知識・能力・表現・探究心とは何なのか?
食事でアートを超えたい
秘密結社にお越しください

第三章 「2.2坪の魔法~経営者としての哲学」
共通のビジョンを持つ各分野のプロをチームに加えよ
ワンピースのルフィを目指せ!
仕入れは源流まで遡れ
お客様の予想を裏切る値段設定
下ごしらえよりライブ感
ターゲットは同世代の同性に決める

第四章 「2.2坪の魔法~生き方の哲学」
ちょっと先の未来を導く
自分が一番好きなことを;毎日1時間×1カ月やってみる
壁を扉に変える奇跡の起こし方
門限という制限が時間力と企画力を鍛えてくれた
チャンスはハイかイエス

第五章 「2.2坪の魔法~シェフとしての哲学」
僕をシェフにしてくれた;山田宏巳シェフ
もしも僕が総理大臣になったら;公約は「飲食店のチェーン化は10店舗まで」
老舗が確立したシステムを理論化して;インストール
六花界的食物連鎖。だからロスがない

第六章 「2.2坪の魔法~ライフスタイルの哲学」
成長の秘訣は「日常」と「非日常」
住所不定社長になりました
その日あった出来事と感情を数値化せよ
ラッキーパンチは当たらない
褒めて才能を伸ばす自己プロデュース!
行動をテーマ曲でマインドチェンジせよ
毎日の行動はパターン化せよ

森田 隼人

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

森田隼人(もりた・はやと) 1978年大阪府生まれ。大学卒業後、建築会社を経て25歳で国家資格を取得後、独立。デザイン事務所「M-COME」を設立。その後公務員を経て、2009年に 東京・神田ガード下に「六花界」をオープン。 その後、「初花一家」「吟花」「五色桜」「TRYLIUM」と、出店した全てが多くのメディアに取り上げられ「肉と日本酒」文化を広めた。全店舗が予約が取れない名店となるばかりか、日本初となるプロジェクションマッピングを活用したレストラン「CROSSOM MORITA」は建築家として一つのエンターテインメントを確立した。さらには日本酒吟醸熟成肉(特許庁商標権取得済)等の調理技術も発明している。日本酒活動で功績が認められ「第12代酒サムライ」に叙任。世界初の移動式醸造発酵を考案し、世界最高額である「十輪~旅スル日本酒」は440万円の値段を記録した。料理人としては、2020年農林水産大臣より「料理マスターズ」を叙任。東京唯一の受賞者として注目を浴びる。また、プロボクサーやモデル(ユニクロ等)の一面も持つマルチクリエイター。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket