genkai-shobo.jp
だいわ文庫

ゴハンですよ


著者:東海林さだお/著
価格:800円+税
刊行日:2020/10/10

出版社:大和書房
ISBN:978-4-479-30835-5
Cコード:0195
[文庫](日本文学、評論、随筆、その他)

東海林さだお氏のこれまでのエッセイ作品の中から、「ゴハン」をテーマにした選りすぐりのエッセイを1冊にまとめました。



内容紹介

ショージ君による、「ゴハン」をテーマにした選りすぐりのエッセイ集。



「日本人の主食である白いごはんをいかにして食べるか」ということについてあらゆる角度から考察しました。

われわれ日本人にとって、自炊をするということはつまり、白いご飯の食べ方を考えること。

自炊の機会が増え、その楽しみやたいへんさについて日々考えを巡らせる人へ送る、笑いと共感のエッセイです。



椎名誠氏との対談、スズキナオ 氏の解説文も収録!







【目次】

1章 ゴハンの食べ方 編

大冒険 梅干し一ヶで丼めし 10

ふりかけの実力は? 17

卵かけごはんの美味 23

目玉焼きかけご飯 29

うまいぞ猫めし 35

What's? 汁かけ飯 41



2章 ゴハンのお供 編

おかずは鮭か納豆か 50

白菜のお新香の葉っぱのとこ 57

ヒーハの究極 63

納豆・ネバこそ命 70

海苔の醤油は内か外か 77

塩っぱいタラコ 84

海苔の一膳 90



3章 ゴハンの文化 編

ごはんのヘンテコ食い 98

かっこむ人々 104

おかゆ物語 111

パエリヤ旨いか 118

さあ、手づかみで食べよう! 125

秘伝「技あり」炒飯のコツ 141

フライ物の正しい生き方 148

丼物について 154

ニッポン自炊旅行 170

漫画行商人 184



白メシ対談

僕らはカレーライスの中の肉が、ただひとつの肉だった

(東海林さだお×椎名 誠) 193



4章 おにぎり 編

おにぎりの憂鬱 222

おにぎりは左手で 228

「おかかは6位でいいのか」 234

懐かしき味噌おにぎり 240

おにぎり開放運動 246

塩むすびの味 252



5章 お弁当酒 編

懐かしの海苔だけ海苔弁 260

弁当箱を振り回す男 266

弁当の?跡地? 272

運動会のお弁当 278

もくじ

1章 ゴハンの食べ方 編
大冒険 梅干し一ヶで丼めし 10
ふりかけの実力は? 17
卵かけごはんの美味 23
目玉焼きかけご飯 29
うまいぞ猫めし 35
What’s? 汁かけ飯 41

2章 ゴハンのお供 編 
おかずは鮭か納豆か 50
白菜のお新香の葉っぱのとこ 57
ヒーハの究極 63
納豆・ネバこそ命 70
海苔の醤油は内か外か 77
塩っぱいタラコ 84
海苔の一膳 90

3章 ゴハンの文化 編 
ごはんのヘンテコ食い 98
かっこむ人々 104
おかゆ物語 111
パエリヤ旨いか 118
さあ、手づかみで食べよう! 125
秘伝「技あり」炒飯のコツ 141
フライ物の正しい生き方 148
丼物について 154
ニッポン自炊旅行 170
漫画行商人 184

白メシ対談 
僕らはカレーライスの中の肉が、ただひとつの肉だった
(東海林さだお×椎名 誠) 193

4章 おにぎり 編 
おにぎりの憂鬱 222
おにぎりは左手で 228
「おかかは⑥位でいいのか」 234
懐かしき味噌おにぎり 240
おにぎり開放運動 246
塩むすびの味 252

5章 お弁当 編
懐かしの海苔だけ海苔弁 260
弁当箱を振り回す男 266
弁当の〝跡地〟 272
運動会のお弁当 278

東海林 さだお

1937年、東京都生まれ。漫画家、エッセイスト。早稲田文学露文科中退。70年『タンマ君』『新漫画文学全集』で文藝春秋漫画賞、95年『ブタの丸かじり』で講談社エッセイ賞、97年菊池寛賞受賞。2000年紫綬褒章受章。01年『アサッテ君』で日本漫画家協会賞大賞受賞。11年旭日小綬章受章。