genkai-shobo.jp
ちくま学芸文庫

歴史学の擁護


著者:リチャード・J.エヴァンズ/著 今関恒夫/翻訳 林以知郎/翻訳 與田純/翻訳
価格:1,700円+税
刊行日:2022/05/12 [ calendar_today Google ] [ calendar_today Yahoo! ]
出版社:筑摩書房
ISBN:978-4-480-51116-4
Cコード:0120
[文庫](歴史総記)

ポストモダニズムにより歴史学はその基盤を揺るがされた。学問を擁護すべく著者は問題を再考し、論議を投げかける。原著新版の長いあとがきも訳出。



内容紹介

ポストモダニズムにより歴史学はその基盤を揺るがされた。学問を擁護すべく著者は問題を再考し、論議を投げかける。原著新版の長いあとがきも訳出。

===
過去の出来事について真の洞察に到達するために歴史家ができることとは何か――。この問いは、ポストモダニズムの登場とともに抜き差しならないものとなった。歴史学をこれまで支えてきた、客観性や因果関係といった概念が強く揺さぶられることになったからである。歴史理論と歴史学的実践の双方に目を配りながら、著者は、信頼に値する確かな知識を得るための方途を探りなおす。世界的に歴史教育の現場で読まれ、多くの論議を呼んだ作品がここに文庫化。数多の批判に応答した原著新版の長いあとがきも併せて訳出。
===

いかにして
歴史的真実を語るか
イギリスを代表するドイツ近現代史家が歴史学の基礎を問う
===

【目次】
日本語版への序文 
謝 辞 
凡 例 
 
序 論
第一章 歴史学の歴史
第二章 歴史、科学、倫理
第三章 歴史家と歴史事実
第四章 史料と言説
第五章 歴史における因果関係
第六章 社会と個人
第七章 知と権力
第八章 客観性とその限界
あとがき―批判に答えて
 
訳者あとがき 
文献解題 
人名索引

もくじ

日本語版への序文 
謝 辞 
凡 例 
 
序 論
第一章 歴史学の歴史
第二章 歴史、科学、倫理
第三章 歴史家と歴史事実
第四章 史料と言説
第五章 歴史における因果関係
第六章 社会と個人
第七章 知と権力
第八章 客観性とその限界
あとがき―批判に答えて
 
訳者あとがき 
文献解題 
人名索引

リチャード・J.エヴァンズ

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

リチャード・J.エヴァンズ(Richard J. Evans):1947年生まれ。オックスフォード大学にて修士号、哲学博士号を取得。ケンブリッジ大学で近代史欽定講座担当教授を務めたドイツ近現代史家。2012年、学術的功績によりSirの称号が与えられる。邦訳書に『力の追求 ヨーロッパ史1815-1914』『第三帝国の到来』(共に、白水社)、『エリック・ホブズボーム』(岩波書店)などがある。

今関 恒夫

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

今関恒夫:1939年生まれ。同志社大学名誉教授。

林 以知郎

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

林以知郎:1949年生まれ。同志社大学名誉教授。

與田 純

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

與田純:1970年生まれ。香川高等専門学校准教授。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket